「iPhoneのメモの使い方が分からない」
「音声入力や共有の仕方など、発展的な使い方を知りたい」

こんな悩みをお持ちの方々に向けて、

iPhoneメモの基本的な使い方
メモの共有など発展的な使い方
 
今回の記事では、上記二つをご紹介します。

iPhoneのメモを普段使う人・使わない人も、この記事を参考にしてiPhoneのメモアプリをマスターしてください!

iPhoneメモの基本的使い方

まず初めにiPhoneメモの基本的な使い方をご紹介します。

この章はiPhoneメモの使い方が、右も左も分からないという方向けです。
基本的なことがわかっている方は、次の章「iPhoneメモの発展的な使い方」へ飛ばしてもOKです。

フォルダの作成

まず最初は、フォルダの作成をします。
フォルダを作ることで「ビジネス」「プライベート」など、メモの分類をすることが可能です。

右下にある「新規フォルダ」をタッチします。

そうすると、下記画像のように「新規フォルダの名称」を入力します。
この新規フォルダ名は「メモの分類」のためなので、自身で自由に入力してください。

写真
写真

 
「フォルダ名の保存」ボタンを押すと下記の画像のように、上部に「フォルダ名」が表示されるようになります。

写真

新規メモの作成

次は新規メモの作成です。

新規メモの作成はいたって簡単で、下画像の「赤丸で囲ったボタン」を押します。

写真

 
そうすると、画像のようにキーボードで自由に文字を入力できるようになります。

メモの一番上の文字は「メモのタイトル」代わりとなっており、フォルダの一覧から見られるようになっています。

写真

メモのフォルダ移動

複数フォルダを所有していて、メモを移動させたいという時に使える技です。

移動したメモを「左にスワイプ」します。
※「スワイプ」とは、画面を指で滑らせることです。

そうすると、下記画像のように3つのボタンが表示されます。
フォルダ移動の場合、真ん中の「青紫色のボタン」をタップします。

写真

 
ボタンをタップすると、フォルダ一覧が表示されます。
ここで、移動させたいフォルダを押すと、メモの移動は完了します。

写真

メモの削除・復元

必要のなくなったメモや、間違えて削除してしまった時の対応方法です。

メモの削除方法は、削除したいメモを左に「スワイプ」します。
メモをスワイプすると、フォルダ移動と同じボタンが表示されるので、「赤色のゴミ箱」ボタンを押します。

そうすると、フォルダからメモは消去され「最近削除した項目」にメモが移動します。

写真

 
次に、間違えてメモを削除してしまった時の、メモの復元方法です。

削除したメモは全て「最近削除した項目」に移動します。
ここに移動したメモは「30日間」保存されますが、日数を超えると完全に削除されます。

写真
写真

 
復元方法はフォルダ移動と同じです。
復元したいメモを左にスワイプし、「青紫色のボタン」を押して、戻したいファイル先を選択すれば終了です。

写真

メモの検索

iPhoneメモの基本的な使い方の最後は、「メモの検索」です。

フォルダ上部の「検索」欄に、検索したいキーワードを入力します。

そうすると、下記の画像のように、フォルダ内の全てのメモに対して検索がかけられます。メモのタイトルでも、本文でも全てが検索対象となっています。

写真
写真

iPhoneメモの発展的な使い方

以下の発展的な使い方をマスターすると、メモの使用方法や用途の幅がとても広がります。

それでは、解説をしていきます。

画像の貼り付け

まず初めは、メモへの画像の貼り付けです。

画像の貼り付けには、下記画像のように「カメラボタン」をタップします。
そうすると、「書類をスキャン」「写真またはビデオを撮る」「フォトライブラリ」の3つの選択肢が表示されます。

既に写真を撮っている場合は「フォトライブラリ」、今から写真やビデオを撮る場合は「写真またはビデオを撮る」、書類をスキャンしたい場合は「書類をスキャン」を押します。

そうすると、メモに画像が貼り付けられ、画像の上や下にテキストを入力することもできます。

写真
写真

音声入力と手書き入力

メモの入力方法はキーボード入力以外に、音声入力と手書き入力の二種類あります。

まずは音声入力です。
音声入力は右下の「マイク」ボタンを押して、Siriと同じ要領でメモしたい内容を話すだけで完了です。

写真

 
次は手書き入力です。
手書き入力をするために、下記画像の「えんぴつ」ボタンをタップします。

写真

 
えんぴつボタンを押すと、メモの下部に、えんぴつ・色鉛筆・マーカーなどが表示される、ます。使いたいものを選んで、自由にメモをすることができます。
また、タッチペンを使うことで、絵を書くことも可能です。

写真

チェックボックスと表作成

iPhoneのメモはタスク管理や表管理も行うことができます。

まずは、チェックボックスを使ったタスク管理です。

下記画像に表示されている「チェックボタン」を押します。
そうすると、メモ欄に⚪️が表示されます。これがチェックボックスであり、タップをするとチェックマークが入り、タスク完了の意味を示します。

写真
写真

 
次は、Excelやスプレッドシートのような「表の作成」です。

下記画像で赤丸をしている「2×2のマスボタン」をタップします。
そうすると、2×2のマスが表示され、マス内に自由に文字を入力することができます。

マスを増やしたい場合は、一番下のマスにカーソルを持っていき、改行することで一行マスを増やせます。

写真
写真

メモの共有

最後は、メモの共有です。

友人と旅行のためのメモを共有をしたり、ビジネスにおいてのメモ共有など様々な用途があります。

メモを共有するためには、共有したいメモをタップし、下記画像で赤丸をしているボタンを押します。

写真

 
そうすると、画像のように「参加依頼の送信方法を選択」と表示されるので、共有者の情報があるツールを選択します。その後、共有者を選択肢、共有するためのリンクを送信します。

リンクを受け取った共有者がリンクを開くことで、メモの共有が完了します。

写真

おすすめチャット機能付きメモツール

iPhoneのメモアプリはとても便利ですが、あくまで個人でのメモアプリです。
もっとビジネスとして使いたい、複数人との共有を簡単にしたり、プロジェクト管理やタスク管理を行いたいという人に「おすすめのメモツール」があります。

それが今回紹介する「Stock」というツールです。
Stockは、現在50,000社に導入されており(2020年7月末現在)、幅広い規模や業界の企業へ導入実績を持っています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

【必見】iPhone「メモアプリ」の使い方まとめ!

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

【必見】iPhone「メモアプリ」の使い方まとめ!

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会社でメモを使ったり、複数人と共有したい場合は「メモツール」の使用がおすすめです。
ぜひこの記事を参考にしてみてください!