「iPhoneでメモしたことを忘れないようにしたい」
「メモをロック画面に通知させたい」

こんな悩みをお持ちの方々に向けて、

iPhoneアプリ「リマインダー」の使い方
ロック画面に通知を設定できる「メモアプリ」
 
今回の記事では、上記2つをご紹介します。

iPhoneを使って「メモやタスク」を管理する方に、おすすめの記事となっています。
ぜひ、読んでみてください!

iPhone「リマインダー」の使い方

iPhone初期搭載のアプリ「リマインダー」を使って、ロック画面にメモやタスクを通知(リマインド)させる手順を紹介します。

リストの作成

まずは、タスクやメモをまとめる「リスト」を作成します。
リストを作ることによって、リマインドしたいタスクを、プライベートや仕事などに分類することができます。

iPhoneの「リマインダーアプリ」を開くと、下記画像のような画面が表示されます。

リスト作成には、右下の赤丸「リストを追加」をタップします。
タップをすると、リストの名前入力画面が表示され、適当なタイトルを入力すれば完了です。

写真

 
下記画像のようにリストが作成され、表示されるようになります。
 

写真

通知をする「タスクやメモ」の新規作成

次は、ロック画面に通知をしたい「タスクやメモ」の作成方法です。

タスクやメモを作成したい「リスト」をタップし、下記画像のように、左下の赤丸「新規」を押します。
そうすると、タスクの入力画面が表示されるので、タスク名を入力します。
 

写真

 
タスクやメモはこのように表示されます。
タスク横の○をタップすることで、タスク完了になり、リスト内から削除されます。

写真

日時の設定

ここでは、ロック画面にタスクやメモが通知されるように、日時の設定を行います。

タスク右側にある、下記画像で赤丸をしている部分をタップします。
 

写真

 
そうすると、画像のように「タスクとメモ」の詳細設定項目が表示されます。
日時を設定するためには、赤丸をしている「日付」「時間」のコントロールキーをタップし、ロック画面に表示させたい日時を入力します。

それにより、設定した日時に「メモやタスク」がロック画面に表示されます。
 

写真

サブタスクの設定

次は、サブタスクの設定です。
作成したタスクを細分化したい、という時に使える機能です。

設定は日時設定と同じで「メモやタスク」横にある詳細ボタンをタップします。
下記画像のように、サブタスクボタンを押し、サブタスクを入力します。
 

写真

 

写真

 
入力すると、下記画像のように表示されます。
サブタスクにも日時設定ができるので、メインタスクと別に通知をすることもできます。
 

写真

通知場所の設定と優先順位

最後は、「タスクやメモ」の通知場所と優先順位の設定です。

リマインダーでは「メモやタスク」を、設定した日時になったとき以外に、場所で通知する設定をすることができます。つまり、自宅や会社など、ある特定の場所に着いた時に通知を受け取るということが、iPhoneの位置情報を使うことで可能になります。

下記画像のように「場所」ボタンをタップし、特定の住所を入力することで「メモやタスク」を特定の場所に来た時に通知が来るようになります。
 

写真

 
優先順には上記画像の②を押します。すると、「なし」「低」「中」「高」の4つが表示されるので、タスクの優先度に合わせてタップします。

優先度「高」は「!!!」に対応していて、優先度が高くなるほどビックリマークが多くなっています。
 

写真

iPhone「メモウィジェット」の使い方

iPhoneでは標準の「メモアプリ」を、通知センターに置くことができます。

通知センターに置くことで、わざわざメモアプリを開かなくてもロック画面から「メモアプリ」を見ることができます。

ウィジェットを活用

通知センターにメモウィジェットを置くためには、ホーム画面を右スワイプをして下記画像のように通知センターを表示させます(機種によって異なる場合があります)。
 

写真

 
画面下記にある「編集」をタップし、左上に表示される「+」ボタンを押します。

そうすると、「写真」「メモ」などいくつかのアプリが表示されるので、「メモ」を選択します。
 

写真

 

写真

 
メモを選択すると、ロック画面を右スワイプすることで下記画像のように「メモ」が表示されるようになります。
これにより、タスクやメモ忘れを防止することができます。
 

写真

おすすめiOSメモアプリ

最後はおすすめのiOSメモアプリの紹介です。

以下で紹介するアプリは、ロック画面にメモやタスクの通知を知らせてくれるだけでなく、タスク管理に特化していたり、ビジネスでも使える「複数人でのメモの共有」機能などが備わっています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

「通知メモ2-忘れ物防止のリマインダーアプリ」

通知メモ2-忘れ物防止のリマインダーアプリ

「通知メモ2-忘れ物防止のリマインダーアプリ」は、ロック画面やウィジェットにメモを通知してくれる「リマインダーアプリ」です。

<通知メモ2-忘れ物防止のリマインダーアプリのポイント>

  1. 通知の設定の幅が広い
    このアプリでは通知のスヌーズを細かく設定することができます。iPhoneの「リマインダー」は1時間単位でしかスヌーズを設定できませんが、このアプリは1分単位でスヌーズをかけることができます。
  2. タスクやメモの分類ができる
    タスクやメモを分類するために、リストの作成や色分けをすることができます。iPhoneの「リマインダー」にも同様の機能は付いていますが、デザインの違いから見やすい作りとなっています。
 
【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介

「待ち受けロック画面メモ-忘れ物防止の壁紙作成アプリ」

待ち受けロック画面メモ - 忘れ物防止の壁紙作成アプリ

待ち受けロック画面メモ-忘れ物防止の壁紙作成アプリは、メモやタスクをロック画面の壁紙にして「リマインド」するアプリです。

<待ち受けロック画面メモ-忘れ物防止の壁紙作成アプリのポイント>

  1. 壁紙の文字のデザインを変更できる
    メモの文字のフォントや色、太さも変更可能です。優先順位によって色を変更できるなど、表現の幅が広がります。
 
【ロック画面にメモ通知】「リマインダー」の使い方と「iOS通知メモアプリ」の紹介

まとめ

アプリを使うことで、通知がホーム画面に届くだけでなく、チャットや情報管理などもできるようになります。
また、プライベート用に個人で使うだけでなく、複数人でビジネスに応用することも可能です。

ぜひ、おすすめのアプリを使ってみてください!