「iPhoneのメモの保存先をiCloudにしたい」
「PCや別の場所でのメモのバックアップ方法を知りたい」

こんな悩みを抱えている方々に、

iCloudでのメモの保存方法
iCloud以外でのメモのバックアップ方法
 
今回の記事では、上記2つをご紹介します。

バックアップを怠っていると、iPhoneの紛失や破損により、メモのデータが開けなくなるかもしれません。

この記事を読んで、日常的なメモから大事なメモまで、しっかりと保存できるようにしましょう。

iCloudを使ったメモの保存

iPhoneのメモは通常、iPhone本体に保存されます。
「メモ」はiPhone本体に入っているので、この場合、端末が紛失したり壊れてしまったりすると「メモ」を復元することができません。

そこで、保存先をiCloudにし、クラウド上でメモを保存します。
それにより、iPhone本体が紛失しても、再度購入したiPhoneをiCloudに繋ぎ直すことで「メモ」を復元することができます。

また、iCloudを保存先にすることで、iPadやMacbookなどの別デバイスでも共有が可能になります。

メモの保存先をiCloud設定

それでは、メモの保存先を「iPhone本体」から「iCloud」に変更する方法を説明します。

まず、iPhoneの「設定」アプリを開き、下記画像のように一番上の「アカウント名」が表示されている部分をタップします。
 

写真

 
タップした後は、「iCloud」というボタンを押します。

その後「ICLOUDを使用しているAPP」欄にある、「メモ」のコントロールキーを下記画像のようにタップします。
これで、メモの保存先がiCloudに変更がされました。

写真

 

写真

 
また、メモの保存先をiCloud以外にも設定することができます。例えばGmailや携帯のEmailなどが可能です。

変更するには、「設定」から下にスクロールし、「メモ」の項目をタップします。

タップした後に、「アカウント」という項目を押し、そこで保存先にしたいメールアドレスを打ち込むことができます。

写真

 

写真

 
下記画像のように、「iPhone」や「iCloud」、「Gmail」が表示されます。
保存先の変更は、メモの設定項目の「デフォルトアカウント」を変えるだけで、いつでも可能です。

写真

メモのフォルダ移動

次は、保存先を間違えてしまった時の対処法である「メモのフォルダ移動」を説明します。

まずは、フォルダ移動させたいメモを「長押し」します。
 

写真

 

すると、下記画像のように、メモの下に「移動」ボタンが出てくるのでタップをします。

タップをすると、移動先ファイルが出てくるので、移動させたいファイルを押すことで移動が完了します。
 

写真

 

写真

iCloud以外でのバックアップ方法

pdfでの保存

iCloud以外で、テキストとして「pdf」で残したい場合の保存方法です。

まずは、「pdf化」したいメモの下部にある、下記画像で赤丸をしているボタンを押し、「プリント」をタップします。
 

写真

 

写真

 
すると、メモのプリントプレビューが表示されるので、そのメモプレビューを長押しし、一度手を離してから再度タップします。
 

写真

 
タップをすると下記画像のように表示されます。
最後に、画像右上にあるボタンをタップすると、下記2枚目の画像の項目が表示されます。

この画面では、pdf化したメモの「保存先」を決定します。
メールでPCに送ったり、Googleドライブ内に保存したりすることも可能です。

写真

 

写真

ビジネスでも使えるおすすめメモツール

iPhoneの既存メモアプリでは、「メモの移動」や「バックアップ」などは、少し手間がかかります。

今回ご紹介するツール「Stock」は、メモの移動やバックアップが簡単になるだけでなく、「メモの共有」や「タスク管理」など、ビジネスの場でも活用できる機能を持ち合わせています。

また、現在50,000社に導入されており(2020年7月末現在)、幅広い規模や業界の企業への導入実績を持っています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

iPhone「メモ」の保存・バックアップ方法

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

iPhone「メモ」の保存・バックアップ方法

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iCloudを使ったり、pdfで保存することによって、iPhoneのメモを保存することが可能です。
また、メモツールを使うことで、ビジネスへの活用に使用領域を広げることもできます。

ぜひ自分にあった「メモツール」を使ってみてください!