「Windows10にメモや付箋などのアプリケーションはあるの?」
「その起動方法や使い方は?」

こんなお悩みを持っている方々に向けて、

Windows10「メモ帳」の使い方
Windows10「付箋(旧:Sticky Notes)」の使い方

 
今回の記事では、上記二つをご紹介します。

その他に、ビジネスでも使えるおすすめ「メモツール」もあわせてご紹介いたします。
この記事を読んで、Windows10「メモ帳」と「付箋」をマスターしてください!

【基本編】Windows10メモ帳の使い方

そもそも、Windowsに「メモ帳」のアプリケーションが知らないという方向けに、起動方法を3種類説明していきます。

起動方法が分かる方は、「メモのショートカット作成」からでOKです。

3種類の「メモ帳」の起動方法

①デスクトップから
 
一番初めはデスクトップからの「メモ帳」の起動方法です。

まず、デスクトップ画面を、マウスの場合は「右クリック」、タッチパッドの場合は「二本指でタップ」します。

すると、下記画像のように項目欄が表示されるので、「新規作成」→「テキストドキュメント」の順でクリックしていきます。

クリックをすると「メモ帳」が起動し、下記画像のようにメモをできるようになります。
 

写真

 

写真

 
②検索から
 
次は、スタート画面の検索からの起動です。

スタート画面を起動し、下記画像のように検索欄に「メモ帳」と記入します。
すると、検索結果に「メモ帳」が表示されるので、クリックすることで起動が完了します。
 

写真

 

写真

 
③タスクバーから
 
最後は、スタート画面のタスクバーからの起動です。

この方法が最も一般的であり、タスクバーにある「Windows アクセサリ」内にある「メモ帳」をクリックすると起動ができます。
 

写真

メモのショートカット作成

お次は、メモを一瞬で起動する方法のご紹介です。

先ほどご紹介した3種類の起動方法は、少し手間であり、日常的に「メモ帳」を使う場合不便に感じます。
そこで、ショートカットを作り「起動までの作業」を短縮させます。

方法は、「タスクバーからのメモの起動」と同様に、メモをタスクバーで表示させ、デスクトップに「ドラッグ(長押しして引っ張ること)」をします。

すると、下記画像のようにデスクトップ上でショートカットが表示され、クリックするだけですぐに「メモ帳」を起動できます。
 

写真

 

写真

記入と保存

基本編の最後は、メモの記入と保存方法です。

記入はとてもシンプルで、「メモ帳」を起動し、カーソルをメモに合わせて文字を打つだけです。自由に文字を打つことができるので、文章を書いたり、タスクを書いたりすることもできます。
 

写真

 
次は、メモの保存方法です。

メモを保存する時は、保存したいメモ上にある「ファイル」→「名前を付けて保存」の順に、下記画像のようにクリックします。

すると、「ファイル名」と「保存するフォルダ」の決定画面が出てくるので、記入することで保存がされます。

写真

 

写真

【応用編】Windows10メモ帳の使い方

基本編に続いて応用的な「メモ帳」の使い方です。

ここでは、「フォント」と「表示文字の大きさ変更」についてご紹介します。

フォントの変更

フォントの変更は、下記画像のように「書式」→「フォント」の順でクリックします。

すると、フォント一覧が表示されるので、お好みのフォントをクリックすれば変更完了です。「文字のスタイル(細字・太字)」、「サイズ」も変更が可能です。

ここで、注意すべきことは、フォント変更がメモ全てに影響することです。
部分的にフォントを変更することはできません。
 

写真

 

写真

表示文字の大きさ変更

ここでいう表示文字とは、文字のサイズを大きくしているのではなく、サイズはそのままで、表示拡大をしているということです。
つまり、虫眼鏡と同じ効果で、小さい文字を見やすくしています。

方法は、「表示」→「ズーム」→「拡大」をクリックすることで、文字の拡大表示ができます。「Ctrl + プラスボタン」でも文字を大きくすることが可能です。なお、1度クリックするごとに「10%」拡大されます。
 

写真

 

写真

Windows10「付箋(旧名:styicky notes)」の使い方

「メモ帳」の次は、Windows10標準搭載の「付箋」の使い方を説明します。

付箋の起動方法

 
「付箋」は、「メモ帳」の時と同様の方法で起動することができます。
 
今回は「検索」を使い、検索欄に「付箋」と入力し、起動させます。

写真

 

付箋の使い方

 
付箋を起動すると、黄色い付箋とツールバーが表示されます。

起動時には付箋は一枚しかありませんが、付箋とツールバーにある「+」ボタンをクリックすることで、付箋を何枚にも増やすことが可能です。

写真

 
また、不要になった付箋を削除したい場合は、不必要な付箋を「右クリック」し、「メモの削除」を押せば削除完了です。

付箋のアプリケーションは、アプリを閉じたり、シャットダウンしても保存されているので、再度起動すれば再び表示されます。

写真

Windowsでも使える、タスク管理機能付き「メモツール」

これで、Windows10に搭載されている「メモ帳」と「付箋」のご紹介は以上です。
ここでは、冒頭でお話したビジネスでも使える「メモツール」のご紹介です。

今回ご紹介するツール「Stock」は、「メモの共有」や「タスク管理」など、ビジネスの場でも活用できる機能を持ち合わせています。

また、現在50,000社に導入されており(2020年7月末現在)、幅広い規模や業界の企業への導入実績を持っています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

【Windows10】メモ帳と付箋の起動方法と使い方!

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

【Windows10】メモ帳と付箋の起動方法と使い方!

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

今回は、Windows10「メモ帳」と「付箋」の使い方を説明しました。
いずれもデフォルトで搭載しており、誰にとっても使いやすい機能となっています。

しかし、Windows10のデフォルトのメモ帳は、あくまで個人で使うことを想定した仕様となっています。

「メモの共有」や「タスク管理」など、ビジネス利用したい場合はおすすめしたツール「Stock」をぜひ使ってみてください。