皆さんはiPhoneやiPadの「メモアプリ」はお使いでしょうか?
iPhoneでとったメモを仕事のメンバーと共有したい、自分のパソコンに共有したいと思うことも多いかと思います。
 
そこで今回の記事では、iPhone、iPad、Macで標準搭載されているメモを他の人と共有する方法をご紹介させていただきます。
 
とても簡単な操作で共有することができるので、皆さんもぜひ試してください。
 
 

「メモ」とは

「メモ」は、iOS搭載のデバイスに標準装備されているアプリです。
ただテキストとしてメモが書けるだけではなく、様々な機能があるので、以下で紹介します。

Siriを使って音声入力

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メモを入力する際に、キーボード右下にあるマイクマークを押し、そのまま話しかけるだけで、話した内容がテキストかされ非常に便利です。

手書き入力で思いのまま書き込める

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メモを作成し、画面右下にある鉛筆マークを押しましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

鉛筆マークを押すと画面下部にペンが出てくるので、好きなペンを使い入力しましょう。

ToDoリストの作成

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

キーボードを開くと、キーボードの上にチェックマークが表示されます。
チェックマークを押すと、上の画像のようなToDoリストを作ることができます。

紙資料のスキャン

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

まず、入力画面のカメラマークを押しましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

次に、「書類をスキャン」というボタンをタップし、

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

カメラでスキャンしたい書類を撮りましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

すると、紙の書類がこんなに綺麗にスキャンされます!
「書類をスキャン」以外にも「写真またはビデオを撮る」、「フォトライブラリ」から取り込むことができるので、必要に応じてアップロード方法を変えることができます。

メモの共有のやり方

メモアプリで共有したいメモを開く

iOS 13の場合

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したメモを開き、画面右上にある、「人を追加」マークか、「共有ボタン」を押しましょう。
ただファイルを送るだけであれば「共有ボタン」で送ることができますが、共同編集したい場合には「人を追加」マークで共有しましょう。

iOS 14の場合

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したいメモの画面右上にある「丸い」ボタンをタップしましょう。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

出てきた画面の「メモを共有」をタップします。

共有相手を設定する

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

参加依頼の送信方法を選択する画面が出てきます。
メッセージ、メール、LINE、 Twitter、Gmailなど様々な方法で送ることができるので、希望の送信方法を選び、共有したい相手の宛先を追加し、送信します。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

メールを選択すると上のような画面になるので、宛先のメールアドレスを入力してください。
共有は何人まででも可能で、共有された人のみ閲覧・編集ができるようになります。

共有設定を確認・変更する

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有した後に、「人を追加」ボタンを押すと、参加している人が表示されます。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有したい人を追加するには「人を追加」を押し、共有自体を中止するには「共有を停止」をタップします。

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

共有している人を削除するためには、その人の名前の上で画面を右から左にスワイプし、そこで表示される「削除」をタップします。

メモを共有する際の注意点

<最新版にする>

iPhone、iPadは最新のiOSに、Macは最新のmacOSにアップデートした上で、「メモ」アプリも最新版にアップデートし、最新の機能を使えるようにしておきましょう。
自分も共有する相手もアップデートしていないと、うまく共有できない可能性があります。

チームで使えるメモツール

iPhoneの「メモ」アプリは様々な入力方法がありとても便利ですが、共有するのに一手間かかってしまいます。
そのため、個人での利用には向いていますが、チーム全体で利用するという使い方には向いていません。
 
もっとチームで共有しやすく、タスク管理までできるツールが以下でご紹介する「Stock」というツールです。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

iPhone/iPadの「メモ」を他の人と共有・編集する方法!

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
iPhone・iPad・Macで使うことができる「メモ」アプリは多くの入力方法があり、メモを取る際にとても便利です。
 
作成したメモを共有する際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。