社内掲示板を活用できていますでしょうか。
うまく使えれば、円滑に社内の情報を周知徹底することができ、 情報共有の効率化が期待できます。
 
ただ、社内掲示板という存在は知っていても、積極的に見たり、情報発信をしたりする人は少ないのではないでしょうか。
また、「誰も掲示板なんて見ない」「何か面倒。。。」と思っている人も多いかと思います。
 
そこで、今回は社内掲示板として使えるサービスをご紹介させていただきます。

 

社内掲示板ツールを選ぶ際のポイント

①普段の業務に利用することができるか

掲示板としての用途だけでなく、それ以外にもコミュニケーションツールやタスク管理ツールとして使えるものを選ぶことがポイントです。
普段の情報共有ツールとしても利用できることで、社内の情報を一括管理することが可能となります。

②掲示板の内容に関するコミュニケーションができるか

コミュニケーションが別アプリとなってしまうと、様々な話題が混在してしまい、認識齟齬の原因ともなります。
掲示板ツールの中でやり取りができることで、情報の分散を防ぎ、スムーズなコミュニケーションが可能になります。

③通知やタスクの機能があるか

通知機能があることで、新しいお知らせがあることの旨や、新しい情報に更新されたことが伝わりやすくなります。
また、例えば何かの書類を提出して欲しい場合など、やり取りだけでは忘れてしまうため、タスク機能があることで漏れを防ぐことができます。

④編集などの更新作業が簡単にできるか

掲示板を運用する場合、お知らせを作成するだけでなく、その後の更新も大事になります。
作成や更新の手間がかかってしまうと、長期的に運用するのが難しくなるため、簡単にそれらの作業ができることが望ましいです。

⑤パソコンだけでなく、スマホ・タブレットからでも利用できるか

パソコン以外のデバイスからアクセスできることで、いつでも編集や閲覧が可能になります。
そのため、リアルタイムで情報の確認ができ、スピーディーな情報共有につながります。

ツールを使った社内掲示板で気をつけたいこと

①お知らせを書きっぱなしにならないか

ツールを使うメリットは、簡単に編集することが可能です。
そのため、掲示板にお知らせを書いて終わりではなく、常に最新の情報にアップデートしていくことが大事になります。

②必要な人に情報が届いているか

掲示板にお知らせを書くだけでは、見てもらうことができません。
ツールを使うことで、通知やメッセージを送ることができるので、それらの機能を使って情報を見て欲しい人にきちんと届けれるようにする必要があります。

③様々な内容の掲示板が混在しないか

社内向けのお知らせには様々なものがあります。
それらの情報を、ただ単に発信しているだけでは過去の情報の蓄積や、検索がしにくくなります。
情報をきちんと整理しておくことで、ストレスなく必要な情報へアクセスすることが可能になります。

社内掲示板に使えるサービス10選

Stock

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
ノート型のツールですが、ノートを掲示板のように使うことで、社内向けの情報などを簡単に共有することができます。

■Stockの特徴

1.ノートを簡単に作成できる。
大事な情報などをノートとして簡単に作成できるので、チームの情報を簡単に残すことが可能になります。
 
2.とにかくシンプルで、誰でも使える。
余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、ITに詳しくない60代の方が説明なしで使いこなせているほど、とにかくシンプルです。

■Stockの主な機能

ノート機能

社内の情報だけでなく、会議の議事録や作業依頼など、様々な情報を簡単に残すことができるので、社内掲示板としての用途以外にも活用することができます。
もちろん、画像やファイルもドラッグ&ドロップで簡単に添付することができます。
タスク管理

チームのタスクを一覧で管理することができるので、掲示板の内容についてタスクが発生した場合などは、簡単にタスクをつけることができます。
また、タスクは掲示板に紐づいた形で管理されるため、どのようなタスクなのかの確認が簡単にできます。
コメント

テーマ毎にコメントをできるのが特徴です。
掲示板の内容に対してコメントを使いながら、コミュニケーションを取ることができます。

■Stockの料金


https://www.stock-app.info/pricing.html

Stockの無料プランに期間制限はありません。
無料プランの範囲内以上に使いたい場合でも、1人月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
 

トークノート

「トークノート 」: いい会社をつくる社内SNS

https://talknote.com/

トークノートは、社内のコミュニケーションを円滑化させるための社内SNSです。
社内SNSですので、コミュニケーションが中心になりますが、社内掲示板として利用することもできます。

■トークノートの特徴

1.シンプルなデザイン
 誰でも親しみやすいデザインで、スタンプや「いいね!」を気軽に残すことができます。
 
2.管理機能が充実している
 既読・未読の管理やタスク管理など、メンバーの管理機能に加え、必要な機能が備わっています。

■トークノートの主な機能

グループ

グループでは、テーマごとに投稿することができますので、社内掲示板として利用することができます。
また、投稿内容に関してコメントやスタンプで返信することもできるので、掲示板の内容に対してのコミュニケーションが簡単です。
タスク

作成したタスクは一覧で期限と共に確認することができます。

■トークノートの料金

無料トライアルはついていますが、無料期間が限られています。
有料プラン(1人あたり980円/月〜)で利用するために、無料期間中に社内掲示板として自社に合ったサービスかを確認する必要があります。
 

Oneteam

「Oneteam」|どこにいても、チームで働ける

https://one-team.com/ja/

Oneteamは、ビジネスの生産性を向上させるためのコラボレーションツールです。
ビジネス向けなので、普段の業務管理と一緒に社内掲示板としての活用ができます。

■Oneteamの特徴

1.トピックごとにチャットができる
 掲示板単位でチャットができるので、余計な話題が混ざることがありません。
 
2.テンプレートが充実
 普段の業務で利用頻度の高いものについて、既にテンプレートが用意されているので、それを使うと効率的に社内掲示板を作ることができます。

■Oneteamの主な機能

トピック

テーマごとに投稿することが可能なので、社内掲示板として活用することができます。
もちろん、ファイルの添付やテンプレートを利用した投稿も可能です。
外部サービス連携
「Webhook」や「Zapier」を利用することで、普段業務で利用しているツールと連携することができるので、社内掲示板の更新情報を別ツールに通知することが可能になります。

■Oneteamの料金

無料トライアルはついていますが、30日間の期間限定となります。
有料で使うサービス(10人までで4,950円/月〜)なので、無料期間中に自社に合ったサービスかを見極める必要があります。
 

Workplace by Facebook

「Workplace by Facebook」仕事用コラボレーションツール

https://www.facebook.com/workplace

Workplace by Facebookは、Facebookが提供しているビジネス向けのコラボレーションツールです。
Facebookとは異なり、個人単位ではなく、チーム単位でページを作ることになります。

■Workplace by Facebookの特徴

1. Facebookと使い方が似ている
FacebookのUIとほとんど同じのため、Facebookを利用している人であれば違和感なく使うことができます。
 
2. 他社サービスとの連携が充実している
Facebookとは異なり、ビジネス向けであることから、Google Driveとの連携やチャットボットなど、カスタマイズがしやすいものになっています。

■Workplace by Facebookの主な機能

グループ

掲示板として各グループを使って投稿することができます。
グループ単位で投稿ができるため、掲示板として使いながらコミュニケーションもすることができます。
イベント

「今日のイベント」や「今週末のイベント」など、社内で行われるイベントを登録することができます。
飲み会や交流イベントなどを登録することで、チームメンバーの出欠確認までできるようになります。

■Workplace by Facebookの料金

無料でも利用することができます。
有料プラン($3/1アクティブユーザー)にすると、管理者機能やセキュリティに関する機能が利用できるようになります。
 

LINE WORKS

LINEとつながる唯一のビジネスチャット 「LINE WORKS」

https://line.worksmobile.com/jp/

LINE WORKSは、ビジネス版LINEとして、チャット以外にもカレンダー機能やフォルダ管理などができるグループウェアです。
LINE WORKSを使うには、ドメイン認証などが必要になるため、初期設定に少し時間と手間がかかってしまいます。

■LINE WORKSの特徴

1. LINEと同じ感覚でチャットができる
LINEと同じ使い方でチャットができるため、普段と同じ感覚で利用することができます。
 
2. チャット以外にも様々な機能が使える
チャットだけでなく、メール・カレンダー・掲示板など。グループウェアとしての機能が豊富です。

■LINE WORKSの主な機能

掲示板
カテゴリーごとに掲示板を分類して、一覧で確認することができます。

掲示板にはコメントをすることができますし、既読の管理をすることもできます。

カレンダー
社内イベントなども含め、スケジュールの共有・管理ができます。

■LINE WORKSの料金

無料トライアル期間(30日間)がありますが、基本的には有料プラン(300円/1人〜)で使うものになるので、無料トライアル期間中に様々な機能を試す必要があります。
 

「Zoho Connect」

「Zoho Connect」|チャットもできるグループウェア

https://www.zoho.com/jp/connect/

Zoho Connectは、アメリカ発のサービスで、ビジネス向けのアプリケーションを多数提供している、Zohoのクラウド型社内連携サービスです。

■Zoho Connectの特徴

1.分散しているコミュニケーションのチャネルを1つにできる
 フォーラムやイベント、チャット・タスクの機能をひとまとめで管理することができます。
 
2.知識の共有の場になる
 ノウハウ共有やマニュアル作成など、社内の知識をいつでも見れるようになります。

■Zoho Connectの主な機能

フォーラム

同じような機能としてフィードがありますが、フォーラムはより掲示板に近い機能になります。
マニュアル

マニュアルを作成してノウハウを共有することができます。
全メンバーに公開したり、限定のメンバーに公開するような機能もあります。
タスク

ボード形式で管理することができ、ドラッグ&ドロップでステータスを変更することができます。

■Zoho Connectの料金

Zoho Connectは無料でも利用することができますが、グループ数やチャンネル数の制限を無制限にしたり、ゲストアクセスの機能を使うには有料プランにする必要があります。
有料プランは(96円/月〜(1人あたり))になります。
※ただし、有料プランはメンバー数25名〜の利用が必要です。
 

「R-GROUP」

「R-GROUP」|完全永久無料グループウェア

https://jp.r-group.com/

R-GROUPは、全ての機能を無料で利用でき、何の制限もなく利用することのできるグループウェアです。

■R-GROUPの特徴

1. 完全無料でユーザー数制限もなし
無料で全ての機能を利用でき、ユーザー数制限もないため、自由に使うことができます。
 
2. 容量も無制限
あまりに多くの容量を使う場合には制限が入りますが、基本的には無制限のため、気にすることなくファイルを格納することができます。

■R-GROUPの主な機能

タイムライン
タイムライン上から各機能へ遷移できたり、既読をつけることもできます。
スケジュール
メンバーのスケジュールを一括で確認できるだけでなく、タスクも登録することができます。

■R-GROUPの料金

R-GROUPは、全ての機能を無料で使うことができます。
 

「GRIDY」

「GRIDY グループウェア」|無料グループウェア

https://knowledgesuite.jp/free/index.html

GRIDYは、スケジュール管理や掲示板等の20以上の機能が完全無料で使えるグループウェアです。

■GRIDYの特徴

1.完全無料で使えるグループウェア
 ユーザー登録数・容量も無制限で、20以上の機能が無料で利用できます。また、広告の表示などもありません。
 
2.アクセス制限ができる
 企業内の管理者を設けるだけでなく、グループごとに管理者を設けることができます。

■GRIDYの主な機能

議事録
スケジュールと連動して、会議の議事録を簡単に作成することができます。
Todoリスト
自分のToDoの登録だけでなく、他メンバーへToDoを依頼することができ、カテゴリー毎に管理できます。
スケジュール
個人スケジュール、社内メンバーのスケジュールを一覧で確認できます。
ファイル
共有したいメンバーを指定して、ファイルの共有をすることができます。

■GRIDYの料金

GRIDYは、全ての機能を無料で使うことができます。
 

「G Suite」

「G Suite」|ビジネスに対応した Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダーなどのサービス

https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/

G Suiteは、Googleが提供するGmailやカレンダー、ストレージなどの仕事に必要なツールすべてを1つのパッケージで利用できるサービスです。

■G Suiteの特徴

1.仕事に必要なものが全て1つに
 GmailやGooleカレンダー、Google Driveなどが全て一つになっています。
 
2.企業で使えるように最適化されている
 Gmailなどは個人でも利用することができますが、G Suiteを使うことでメンバーの管理や利用状況を把握することができます。

■G Suiteの主な機能

メール
ビジネス用のメールアドレスをGmailを使って作ることができます。
カレンダー
Googleカレンダーでスケジュールを共有することなく、個人やメンバーのスケジュールを一覧で見ることができます。
ファイル共有
Google Driveで全てのファイル一括保管し、スプレッドーシートなどを使えば、メンバーと1 つのドキュメントを同時に編集することができます。

■G Suiteの料金


https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

G Suiteは14日間は無料体験することができますが、それ以降は全て有料プランの契約が必要になります。
有料プランは、月額(1人あたり)600円〜になります。
 

「Office365」

「Office365」|Microsoft Office

https://www.office.com/

Office365は、Microsoftが提供するグループウェアで、Officeアプリケーションを使うことができます。

■Office365の特徴

1.Officeアプリケーションとの連携がスムーズ
 エクセルやワードなど、普段利用するOfficeアプリケーションとの互換性が高いです。
 
2.常に最新のOfficeアプリケーションを使うことができる
 クラウド型のため、アップデートに費用をかけることなく、常に最新版のOfficeアプリケーションを利用することができます。

■Office365の主な機能

スケジュール
Googleカレンダーのように、個人やメンバーのスケジュールを一覧で見ることができます。
ファイル共有
OneDriveを使えば、全てのファイル一括保管し、Officeアプリケーションとの連携もスムーズです。
チャット
Yammerを使えば、細かな設定と高セキュリティで社内コミュニケーションを取ることができます。

■Office365の料金


https://products.office.com/ja-jp/compare-all-microsoft-office-products

Office365は無料プランがないため、全て有料プランの契約となります。
有料プランは、月額(1人あたり)540円〜となります。
※Officeのアプリケーションを使うには、月額900円以上のプランを契約する必要があります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
ツールを使うことで簡単に情報を残すことができますので、掲示板作成のハードルも下がるのではないでしょうか。
 
全社向けの情報や部署ごとの情報など、掲示板を利用する単位は様々です。
 
しかし、いずれにせよ、うまく掲示板を使うことで社内情報共有を無駄なく効率的にすることができますので、今回ご紹介させていただいたツールを是非試してみてください!