タスク管理で困ったことはありませんでしょうか?もしくは、タスク管理の方法を変えたいと思っていませんでしょうか?
                              
「メモ帳に手書きで書いている」「付箋を使ってPCに貼っている」「タスク管理ツールを使っている」などなど、様々な方法で管理されているかと思います。
しかし、タスク管理の仕方を間違えてしまったり、雑に管理をしていると、期日を守れなかったり、どのようなタスクの内容なのかを理解しないまま進めてしまったりと、業務を進める上で支障が出てきてしまいます。
そのため、タスク管理は「簡単に記載できる」「どのようなタスクか把握しやすい」「他のメンバーに共有できる」といったことができる方法を選ぶといいのではないでしょうか。
                              
そこで今回は、簡単にタスク管理ができ、上記の内容を満たすツールをご紹介させていただきます。
実際にお試しいただき、現在の管理方法より効率化できるか、是非お試しください。

 

簡単にタスク管理ができるツール7選

タスク管理がメインのツールだけでなく、タスクと一緒に関連情報を管理できるツールについてもご紹介させていただきます。
普段の管理方法を効率化するツールを選んでみてください。
                              

【タスク管理と共に、関連情報を残せるツール】

Stock

「Stock」チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockを使えば、チャットツールのように大事な情報が流れていってしまうことなく、必要な情報やデータなどを簡単に管理することが可能となります。

■Stockの特徴

1.ノートを簡単に作成できる。
チャットツールでやり取りしていると流れてしまう大事な情報などを、ノート形式で簡単に残すことができるので、チームの情報があちこちに分散することがありません。
                              
2.とにかくシンプルで、誰でも使える。
余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、ITに詳しくない60代の方でも使いこなせてしまうほどです。

■Stockの主な機能

ノート機能

各会議の議事録や書類のデータなど、関連する情報を一箇所にまとめるができます。
タスク管理

チームのタスクを一覧で管理することができます。
また、タスクはノートに紐づいた形で管理されるため、タスクに関連する情報と一緒に管理することができます。
コメント

テーマ毎にコメントをできるのが特徴です。
ノートの内容に対してコメントをするため、余計な会話や、テーマに関係のない会話が混じることはありません。
また、コメントの内容をそのままタスク設定することができます。

■Stockの料金


https://www.stock-app.info/pricing.html

Stockは、期間の制限がなく、無料で利用することができます。
無料プランの範囲内以上に使いたい場合でも、1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

Evernote

「Evernote」すべてを記憶する。アイデアを整理する。スマートに働く。

https://evernote.com/intl/jp/

Evernoteは、クラウドにメモとして保存し、情報を収集、蓄積するノートアプリ(メモアプリ)です。
ノートとしての利用がメインになりますが、チェクリストの機能がついているため、ノートをタスク管理として利用することができます。

■Evernoteの特徴

1.必要なすべての情報を一ヶ所に集めて、必要な時にすぐに取り出せる
 テキストだけではなく画像、音声など、複数の情報を1つのノートにまとめることができます
                              
2. Webページのテキストやリンク、画像をワンクリックで保存可能なwebクリッパー機能

■Evernoteの主な機能

ノート

タスクの情報を、テキストだけではなく画像、音声など、複数の情報を1つのノートにまとめることができます。
チェックリスト

Evernoteにはタスク管理機能は付いていませんが、ノートにチェックリストを入れることでタスク管理をすることができるようになります。

■Evernoteの導入費用


https://evernote.com/intl/jp/get-started

Evernoteは無料で使うことができますが、容量を増加したり、同期できる端末を無制限(無料プランでは同期端末が2台まで)にするには、有料プランを契約する必要があります。
有料プランは、年額(1人あたり)で3100円〜になります。

チャットワーク

「チャットワーク」ビジネスが加速するクラウド会議室

https://go.chatwork.com/ja/

チャットワークは、ビジネスに特化したチャットツールです。
チャットでのやり取りをそのままタスク設定できるため、タスク管理として利用することができます。

■チャットワークの特徴

1.気軽にコミュニケーションが取れる
 LINEのようにチャットで気軽にコミュニケーションを取ることができますし、スタンプ機能や返信機能など、機能が充実しています。
                              
2. 既読機能がない
 既読機能がないのが特徴で、メッセージを自分のタイミングで確認できるため、作業に集中しやすくなります。

■チャットワークの主な機能

グループチャット

テキストメッセージを送るだけでなく、絵文字の利用やファイル添付もできます。
また、返信機能もついているので、どのメッセージに対するものなのかが把握しやすくなっています。
タスク管理

各グループチャットごとに、タスクを一覧形式で管理することができます。

■チャットワークの導入費用


https://go.chatwork.com/ja/price/

チャットワークは、無料で使うことができますが、グループチャット14個までの制限があります。
さらにグループチャット数を増やしたり、管理者機能などを付けるには有料プラン(400円/月(1人)〜)を契約する必要があります。

 

最も簡単にチームの情報を残せるツール「Stock」
「Stock」は、最も簡単にチームの情報を残せるツールです。
これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。

【タスク管理がメインのツール】

Trello

「Trello(トレロ)」みんなで、どんなことでも整理できる無料タスク管理ツール

https://trello.com/

Trelloは、ふせんを貼ったりはがしたりする感覚で、タスク管理ができるツールです。
余計な操作をすることなく、直感的に誰でもタスクを設定できるため、簡単に管理することができます。

■Trelloの特徴

1.直感的な操作性
 付箋を貼る感覚で、どんどんタスクを追加することができます。
                              
2.タスクの進捗が管理しやすい
 タスクをカードのように並べ、ドラッグ&ドラッグでカードを動かしてタスクのステータスを管理できるので、進捗を視覚的に把握しやすくなります。

■Trelloの主な機能

タスク管理

カードのように並べるビジュアルと、直感的な操作性で簡単にタスク管理することができます。
また、タスクの進捗ごとに、未着手・着手・確認待ちのようなステータスを管理することもできます。

■Trelloの導入費用


https://trello.com/pricing

基本的には無料で利用することができますが、タスクに添付できるファイル容量を増加(無料プランは10MBまで)させたり、権限機能を付けるには、有料プラン($9.99/月(1人)〜)の契約が必要になります。

Jooto

「Jooto(ジョートー)」タスク・プロジェクト管理ツール

https://www.jooto.com/

Jootoは、かんばん方式のタスク管理ツールです。
Trelloに似た見た目や操作性のため、Trelloを使ったことがある方は同じような感覚で使うことができます。

■Jootoの特徴

1.シンプルな機能
 簡単な操作で、タスクを追加することができるため、ちょっとしたメモからプロジェクト管理まで幅広く利用できます。
                              
2.カラフルなインターフェース
 タスク管理ツールでありながら、SNSのような感覚でタスクに関するコミュニケーションを取ることができます。

■Jootoの主な機能

タスク管理

Trelloと同様に、ドラッグ&ドロップでタスク管理ができ、ふせんを貼りながらタスクの管理をすることができます。

■Jootoの導入費用


https://www.jooto.com/pricing/

ユーザー数2名までなら無料で使うことができるので、個人利用としての利用が多くなるかもしれません。
ユーザー数を増やしたり、容量を増加させるには有料プラン(月980円〜)の契約が必要になります。

Wunderlist

「Wunderlist(ワンダーリスト)」To-do リスト、リマインダー、タスク管理

https://www.wunderlist.com/ja/

Wunderlistは、シンプルなToDoリストアプリで、仕事でのToDoだけでなく、毎日の生活のToDoまで簡単に管理できるタスク管理ツールです。

■Wunderlistの特徴

1.通知設定が豊富
 締め切りの通知、リマインダー、タスクを振られた時の通知など、色々な通知を受け取ることができます。
                              
2.あらゆる端末に対応している
 Windows、mac、iPhone、Androidはもちろんのこと、Kindle Fireなどのあらゆる端末で利用することができます。

■Wunderlistの主な機能

タスク管理

タスクをただ管理するためのリストを作成するだけでなく、リストを他のユーザーと共有できます。
また、タスクにサブタスク、メモ、ファイル、コメントをつけることができる。

■Wunderlistの導入費用

以前は有料プランもありましたが、現在は完全無料で利用できるようです。

Todoist

「Todoist(トゥドゥリスト)」To-Doリストとタスク管理。無料、簡単、オンラインとモバイル用

https://ja.todoist.com/

Todoistは、シンプルにタスクを管理することができ、プライベートでも仕事でも使われているタスク管理ツールです。

■Todoistの特徴

1.タスクを階層化して管理できる
 関連するタスクを階層化して管理できるため、ただ一覧で管理するよりも、把握がしやすくなります。
                              
2.優先度を設定できる
 タスクの優先度を設定できるため、多くのタスクがあっても、効率良くこなすことができます。

■Todoistの主な機能

タスク管理

タスクをリスト形式で確認できる他、カレンダーとの連携をすることができますが、カレンダー連携は有料プランの機能になります。

■Todoistの導入費用


https://ja.todoist.com/comparePlans

プライベートでのタスク管理や、個人的なタスク管理、少人数チームのプロジェクト管理として使うのであれば、無料で十分な機能があります。
メンバー管理やチームとして使いこなしたい場合には、有料プラン(3500円/年(1人))を契約する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
                              
タスク管理がメインのツールかどうかではなく、普段のタスク管理の悩みを解決できるツールを探すことで、今までのタスク管理のストレスが解消されるのではないでしょうか。
どのツールも特徴的で、簡単に使えるものばかりですので、是非色々お試しいただき、合うツールを見つけていただければと思います。

 
 
 

最も簡単にチームの情報を残せるツール「Stock」
これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。