多くのタスク管理アプリがありますが、まだ、メモ帳やノートで管理をしている方も多いのではないでしょうか。
 
個人的に管理をするだけであれば、そのような方法では問題ないかもしれまん。しかし、タスク管理アプリを使うことで、タスク漏れを防ぐことができたり、メンバーとの共有が簡単になり、情報共有が円滑になります。
 
そこで今回は、オススメのタスク管理アプリをご紹介させていただきます。

 

目次

タスク管理アプリを導入するメリット

①気付いたときにタスクの登録ができる

タスク管理アプリはスマホでも利用できるため、気付いたときにすぐにタスクの登録をすることができます。
メモ帳やノートで管理している場合には、「後で書いておこう」などと思って忘れてしまうこともありますが、スマホの場合は常に見ているため、そのような心配がありません。

②自分のタスクをメンバーに共有することができる

タスク管理アプリを使うことで、自分のタスクを共有することができるようになります。
メンバーに自分のタスク状況を伝えたり、メンバーの状況を把握できるため、タスクの見える化に非常に役に立ちます。

③タスク漏れを防ぐことができる

アプリを使うことで、リマインドがされるため、タスク漏れを防ぐことができます。
アナログで管理していると、期限日や時間などは自分で管理する必要があるため、どうしても抜け漏れが発生してしまいますが、そのような心配が無くなります。

④通知を受け取れる

アプリを使うことで、期限が迫っているタスクや、依頼したタスクに関連する通知を受け取ることができるようになります。
そのため、タスクの対応漏れを防ぐことができるようになり、後から慌てて対応するようなことが無くなります。

⑤日別のタスク状況の見える化に役立つ

ただ一覧化していると分かりにくいですが、アプリを使うことで、いつまでにやらないといけないタスクがどれくらいあるかの把握が簡単になります。
日別の見える化をすることで、スケジュールを立てやすくなり、計画的にタスクを進めることができるようになります。

タスク管理アプリを選ぶ際のポイント

①タスクを簡単に登録することができるか

アプリを使ったとしても、タスクを登録する操作が面倒な場合、使い続けることが難しくなります。
タスクのタイトルや期限など最小限の項目で登録ができることで、日々の業務になじませることが可能になります。

②タスクに関連する情報を入力できるか

タスクのタイトルのみで管理をしていると、具体的にどのような作業をして、どのようなアウトプットが必要なのかが分からなくなります。
そのため、タスクに関連する情報が記載できるものを利用することで、認識の齟齬や後戻りを防ぐことができ、効率よくタスクを進めることが可能になります。

③タスクの管理を簡単にできるか

通知による期限管理や、依頼したタスクの管理が簡単にできることで、チーム全体の進捗の把握が容易になります。
また、個人個人がきちんとタスク管理ができる状態であることで、逐一確認をする時間を取らずとも進めることができます。

チームでも個人でも使えるタスク管理アプリ15選

【チームのタスクを管理するのに適しているアプリ】

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockを使ってタスク管理する最大のメリットは、議事録等の「ストックしたい情報」と「タスク情報」を紐づけて管理できる点です。

■Stockの特徴

1.誰でも簡単に利用できる。
 誰もが直観的に使うことができ、導入先の学習塾さんでは、ITに詳しくない65歳の方でも何の説明もなしに使いこなしているくらい単純でシンプルなプロダクトです。
 
2.議事録等の「ストックしたい情報」と「タスク情報」を紐づけることができる。
 従来のツールでは、議事録などの「ストックしたい情報」と「タスク情報」は別々に管理をする必要がありましたが、Stockを使えばこれらを紐づけて管理することが出来ます。
 
3.メッセージで簡単にやり取りできる。
 メッセージ機能がついているため、議事録等の「ストックしたい情報」や「タスク情報」についてとにかく簡単に議論することができます。

■Stockの主な機能

ノート

ノートはフォルダ形式で管理をすることができます。
ノートには、テキスト情報だけでなく、例えば、ホワイトボードの画像や、動画など、関連するファイルを一緒に残しておくことができます。
タスク管理

ノートに紐づけてタスクを管理することができるので、作業内容と一緒にタスクを設定することができます。
また、タスクは個人的なタスクだけでなく、チームのタスクも管理することができます。
メッセージ

Stockのメッセージ機能は、各テーマ毎にやり取りをできるので、余計な会話が混じることはありません。
例えば、ナレッジに関するやり取りだけをノートを見ながらすることができます。

■Stockの料金


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすると、ノートを無制限で利用することができるようになるほか、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」なども利用できるようになります。

■Stock利用ユーザーの声

Stockを使って効率的なタスク管理を行なっている、実際の利用ユーザーの声をご紹介いたします。
 
こちらのユーザーさんは、チャットツールのタスク管理は直観的でなく、エクセルでの管理は競合編集の恐れがあるため、シンプルなタスク管理ができるツールを探されていました。
 
そのような中、Stockを導入したことで、フォルダ階層形式で情報を整理した上でタスクの管理ができるため、事務所の情報管理の土台になったということです!
 
 
 

付箋を貼る感覚でタスク管理ができるアプリ「Trello」

「Trello」|みんなで、どんなことでも整理できる無料タスク管理ツール

https://trello.com/

Trelloは、付箋形式のビジュアルでタスクが管理できるアプリです。

■Trelloの特徴

1.付箋を貼るようなインターフェース
 普段使っている付箋を貼るように、タスクを登録していくことができます。
 
2.タスクをステータスごとに管理できる
 タスクをステータス単位で並べることができ、その移動はドラッグ&ドロップでできます。

■Trelloを使う上で気をつけたい点

1.コミュニケーション機能がない
 チャット機能のようなコミュニケーション機能がないため、コミュニケーション用に別ツールも併用する必要があります。
 
2.無料プランでは個人の進捗しか把握できない
 管理者機能を使うには有料プランにする必要があるため、無料プランでは各メンバーの進捗を横断的に把握するのが難しくなります。

■Trelloの主な機能

タスク管理

付箋を並べるような感覚で、タスクを管理することができます。
また、各ステータス(対応中・確認待ち・完了など)ごとにタスクを管理することもできます。

■Trelloの料金

無料でも利用することができますが、タスクに添付するファイル容量が制限されていたり、管理者機能がないため、社内で使うには有料プラン($9.99/月〜)の契約が必要になってきます。
 

エンジニアが使うタスク管理アプリ「Backlog」

「Backlog」|オンライン プロジェクト管理 & コラボレーションツール

https://www.backlog.jp/

Backlogは、主にエンジニアに利用されている、タスク管理アプリです。

■Backlogの特徴

1.ガントチャート形式で進捗を把握できる
 各プロジェクトの進捗状況をガントチャート形式で可視化できるため、自分の作業と他メンバーとの作業の役割が明確になります
 
2.タスクにコメントができる
 登録したタスクなどに、絵文字やアイコンを使ってコメントすることができるため、タスクに対するコミュニケーションが可能となります。

■Backlogを使う上で気をつけたい点

1.エンジニア以外の職種での利用は難しい
 あくまでエンジニアが利用するツールのため、他の職種の方が利用する場合には、ある程度知識のある方が利用するのが良さそうです。
 
2.チャットツールのようには使えない
 タスク管理やプロジェクト管理がメインとなっており、チャットツールのような機能はついていません。

■Backlogの主な機能

タスク管理

タスクには、期限やステータス、優先度などを設定することができ、ガントチャートビューでの表示にも対応しています。

Wiki

Wikiはマークダウンに対応しているため、エンジニアの方々が情報を記載しやすい仕様になっています。

■Backlogの料金

無料でも利用することができますが、1プロジェクト10人までなど機能制限があります。
本格的に利用するには有料プラン(11,800円/月〜(1チームあたり))の契約をする必要が出てきます。
 

かんばん方式でタスク管理ができるアプリ「Jooto」

「Jooto」|タスク・プロジェクト管理ツール

https://www.jooto.com/

Jootoは、Trelloのような使い勝手になっている、かんばん方式のタスク管理ツールです。

■Jootoの特徴

1.シンプルな機能
 Trelloのように付箋を貼る感覚でシンプルにタスクを追加することができます。
 
2.カラフルなインターフェース
 インターフェースがカラフルなため、初めてツールを使う人でも取っ付きやすくなっています。

■Jootoの主な機能

タスク管理

登録したタスクを、ドラッグ&ドロップでステータス管理することができます。

■Jootoの導入費用

無料でも利用できますが、個人利用としての範囲までの機能になっています。
そのため、チーム単位など社内で利用するには、有料プラン(500円/月〜(1人あたり))を利用することになります。
 

他ツールとの連携が豊富なアプリ「Asana」

「Asana(アサナ)」|Asanaを使ってチームの仕事、プロジェクト、タスクをオンラインで管理

https://asana.com/ja/

Asanaは、「高機能」「他ツールとの連携」が特徴のプロジェクト管理アプリです。

■Asanaの特徴

1. タスクの進捗が様々なビューで確認できる
かんばん方式やガントチャート、タイムラインなど、タスクの進捗を色々な形で確認することができます。
 
2. 色々なアプリと連携できる
100以上のアプリと連携することができるようになっており、普段使っているツールとの連携も容易です。

■Asanaを使う上で気をつけたい点

1. 日本語が曖昧な箇所がある
日本語にも対応していますが、所々おかしな日本語や英語が残っているところがあり、完全に日本語化されているとは言えません。
 
2. 無料プランでは管理者機能が使えない
無料でも15人まで利用できますが、管理者機能がついていないため、ビジネスで利用するには有料プランにするしかありません。

■Asanaの主な機能

タスク管理

タスクの進捗を、ボード形式やリスト形式など、色々な形で確認することができます。
チャット
Asana内のプロジェクト単位で、チャットによるコミュニケーションができますが、ファイル添付ができないため、テキストコミュニケーションのみになります。

■Asanaの料金

無料でも15人まで利用できるようになっています。
しかし、無料プランでは管理者機能を使えないため、有料プラン(月1200円/人〜)にする必要があります。
 

大企業でも嬉しい機能が揃っているアプリ「Wrike」

「Wrike」|仕事管理のための優れたソリューション

https://www.wrike.com/ja/

Wrikeは、主に大企業が利用しているアメリカ発のプロジェクト管理アプリです。

■Wrikeの特徴

1. 大企業にも採用されている
高機能なことから、Googleなどの有名企業にも採用されているアプリです。
 
2. 多彩なビュー
個人単位でビューの設定を変えることができるため、自分が把握しやすいビューでの管理が可能になります。

■Wrikeを使う上で気をつけたい点

1. 慣れない人にとっては機能の把握がしにくい
非常に多機能なため、ツールの利用に慣れない人は、ツール内の構成を把握するのが難しくなっています。
 
2. お試し利用が5人までの制限付き
無料プランは5人までの制限があるため、人数が多い場合には利用を試すにしても有料化しなければならなくなります。

■Wrikeの主な機能

タスク管理

様々なタスクのビューが用意されているため、自分好みのビューで管理することができます。
ファイル共有

他のファイルストレージサービスと連携できるため、プロジェクトやタスクに紐づけてのファイル管理も可能です。

■Wrikeの料金

無料プランも用意されていますが、5人までのユーザー数制限や各種機能制限があります。
そのため、ビジネス利用をするには、有料プラン($9.8/月〜(1人あたり))の契約が必要になります。
 

海外企業も利用の高機能なタスク管理アプリ「JIRA」

「JIRA」|課題&プロジェクト追跡ソフトウェア

https://ja.atlassian.com/software/jira

Jiraは、エンジニアのためのプロジェクト管理アプリです。

■JIRAの特徴

1.エンジニア向けの機能が豊富
開発ワークフローやソフトウェア開発用の機能など、エンジニアのための機能が豊富に用意されています。
 
2.開発チームの生産性を可視化できる
各メンバーのパフォーマンスに関するレポート出力機能など、開発チームの生産性を可視化できる機能もあります。

■JIRAの主な機能

タスク管理

ボード形式やリスト形式など、視覚的に把握できる表示形式が用意されています。
ロードマップ

タスクやプロジェクトの進捗をガントチャート形式で管理でき、開発ロードマップの作成が容易になります。

■JIRAの料金

ユーザー数によって料金が変動するようになっています。
10ユーザーまでなら1人あたり月額1200円、それ以上であれば1ユーザーあたり月額840円です。
 

ガントチャートでタスク管理ができるアプリ「みんなでガント」

「みんなでガント」|プロジェクト管理に。無料ガントチャート共有サービス

http://minna-de-gantt.com/

みんなでガントは、共有可能なガントチャートを簡単に作ることができるアプリです。

■みんなでガントの特徴

1. メールアドレスによる会員登録も不要
メールアドレスすら登録する必要がないため、余計や登録作業がありません。
 
2. 無料プランでも編集履歴機能が使える
作成したガントチャートのバージョン管理を無料プランでも利用することができます

■みんなでガントの主な機能

ガントチャート作成

ただタスクを列挙したガントチャートを作るのではなく、サブタスクを考慮したガントチャートの作成も可能です。

■みんなでガントの料金

ちょっとしたガントチャートの作成であれば無料プランでも十分ですが、ビジネスで利用するための機能(管理機能など)を使ったり、継続的な利用を考えている場合には有料プラン(4,800円〜/チーム)にする必要があります。
 

Microsoftが提供しているタスク管理アプリ「Microsoft To Do」

「Microsoft To Do」To Do を使えば、仕事から遊びまで集中できる

https://todo.microsoft.com/tasks/ja-jp/

Microsoft To Doは、Office365を提供しているMicrosoft社が運営しているタスク管理アプリです。

■Microsoft To Doの特徴

1.Office365との連携が可能
 もしOffice365アカウントを持っていれば、Office365との連携が簡単にできます。
 
2.シンプルな使い勝手
 タスクを登録してリスト化することがメインのため、シンプルな操作で使うことができます。

■Microsoft To Doの主な機能

タスク管理

リスト形式やカテゴリーごとのタスク表示に対応しています。

■Microsoft To Doの導入費用

無料で利用することができますが、Office365など、Microsoftのアカウントが必要になります。
 

 

 

【個人のタスクを管理するのに適しているアプリ】

ノートのチェックリストのように管理するアプリ「Evernote」

「Evernote」|すべてを記憶する。アイデアを整理する。スマートに働く。

https://evernote.com/intl/jp/

Evernoteは、「ノート」に様々な情報を蓄積していくノートアプリです。

■Evernoteの特徴

1.ノートにあらゆる情報を載せられる
 テキスト情報はもちろんのこと、あらゆる形式のファイルも添付可能です。
 
2.web情報がワンクリックで登録可能
 Webページの情報をワンクリックでEvernote上に保存することができます。

■Evernoteの主な機能

ノート

テキスト情報に加え、画像や動画などのあらゆるファイルを保存できます。
Webクリッパー

後から見返したいような、WebページをワンクリックでEvernote上に保存することができます。

■Evernoteの料金

無料でも利用することができますが、様々な制限が付いています。
例えば、同期端末が2台など、複数の端末で使いこなすには不便なため、その場合には有料プラン(1人あたり年間3100円/年〜)を契約する必要があります。
 

個人のタスク管理がメインのアプリ「Todoist」

「Todoist(トゥドゥリスト)」To-Doリストとタスク管理。無料、簡単、オンラインとモバイル用

https://ja.todoist.com/

Todoistは、プライベートのタスク登録がメインで使われているアプリです。

■Todoistの特徴

1.タスクの階層化ができる
 登録したタスクを階層化できるため、カテゴリーごとに見やすくなります。
 
2.タスクの優先度が登録できる
 多くのタスクがあっても、優先度を登録しておけば、どのタスクが重要かが一目で分かります。

■Todoistの主な機能

タスク管理

有料プランにすればカレンダー連携をしてカレンダービューでの管理が可能です。

■Todoistの導入費用

主にプライベートでのタスク管理であれば、無料でも十分使えます。
しかし、管理機能などビジネスメインで使うとなると、有料プラン(月額558円〜/1人)を契約する必要があります。
 

仕事だけでなく、生活のタスク管理にも使われるアプリ「Wunderlist」

「Wunderlist(ワンダーリスト)」To-do リスト、リマインダー、タスク管理

https://www.wunderlist.com/ja/

Wunderlistは、仕事や毎日の生活で発生するプライベートなタスクまでを網羅して管理できるアプリです。

■Wunderlistの特徴

1.豊富な通知で忘れるのを防止できる
 期限前の通知だけでなく、バリエーション豊富に通知設定ができため、対応漏れを防ぐことができます。
 
2.どんな端末からでも利用可能
 パソコンやスマートフォンに限らず、タブレットからでも利用できます。

■Wunderlistの主な機能

タスク管理

タスクの登録はもちろんのこと、登録したタスクに関連する「サブタスク」「メモ」「コメント」の入力も可能です。

■Wunderlistの導入費用

Wunderlistは、全ての機能が完全無料で提供されています。
 

Googleアカウントと連携できるアプリ「Google Keep」

Google Keepは、Googleが提供しているメモアプリです。
「Google Keep」|メモとリスト

https://keep.google.com/

■Google Keepの主な機能

メモ

メモをパネル形式で管理できるため、メモにタスクを記載しておけばタスク管理をすることもできます。

■Google Keepの料金

Google Keepは全ての機能を無料で利用でき、有料プランはありません。
 

直感的な操作性が特徴のタスク管理アプリ「Any.do」

「Any.do」ToDoリスト、リマインダー、カレンダー、プランナー

https://www.any.do/jp/

Any.doは、デザイン性に優れていてシンプルな操作性が特徴のアプリです。

■Any.doの特徴

1.ウェアラブル端末にも対応
 パソコンやスマホで利用できることはもちろんのこと、ウェアラブル端末にも対応しているので、どのような状況でも確認ができます。
 
2.タスクの入れ替えが簡単
 タスクの入れ替え・並び替えが簡単にできるため、多くのタスクがあったとしてもその整理がしやすいです。

■Any.doの主な機能

タスク管理

タスクの登録からカテゴリー分けがしやすく、タスクの整理がしやすいです。

■Any.doの導入費用

無料でも基本的な機能が利用できるため、プライベートの簡単なタスク管理であれば十分です。
しかし、タスクの繰り返し設定をカスタマイズしたい場合などには、有料プラン($5.99/月)にしなければなりません。
 

カレンダー形式でタスク管理ができるアプリ「Lifebear」

「Lifebear」クラウド型電子手帳

https://lifebear.com/

Lifebearは、スケジュール管理とタスク管理ができる、クラウド型電子手帳アプリです。

■Lifebearの特徴

1.カレンダーとタスク管理が一つになっている
 カレンダー形式でタスク管理ができる他、スケジュールの管理も同時に行うことができます。
 
2.スタンプや着せ替えテーマを使える
 例えば、多くの種類がある着せ替えテーマから選ぶことで、自分だけの表示にすることができます。

■Lifebearの主な機能

タスク管理

重要なタスクには星をつけたり、ラベルによって分類することもできます。

■Lifebearの導入費用

基本的な機能は無料で利用できますが、広告の非表示や、ファイルのアップロード容量の上限をあげるには、有料プラン(248円/月〜)にする必要があります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
タスク管理アプリを利用することで、自分の業務の効率化になるだけでなく、チーム全体の効率化に繋げることもできます。
 
是非今回ご紹介させていただいたアプリを元に、メモ帳やノートでのアナログな方法から変更して、メンバーそれぞれのタスク状況を把握できるようにしてみてはいかがでしょうか。