社内に蓄積されていく情報やナレッジを適切に管理し、すぐに使えるような状態になっていますでしょうか。
 
クラウドツールの発達により、今までは属人的だったナレッジは常に共有された状態となり、必要な時にすぐに取り出すことができるようになっています。
 
そこで今回は、社内の情報蓄積に役立つ、ナレッジマネジメントツールをご紹介させていただきます。

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
ファイルストレージのような面倒さが無いため、ナレッジなどのドキュメントを簡単に残すことができます。
Stockを使えば、「ナレッジ」はもちろんこと、「議事録」や「要件」等も含め、チームの情報をすべて一か所に残すことが可能になります。

■Stockの特徴

1.ITに詳しくないスモールチーム向けのツール。
 ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます。
 
2.とにかくシンプルで、誰でも使える。
 余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
 
3.驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる。
 議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

■Stockの主な機能

ノート

ノートはフォルダ形式で管理をすることができます。
そのため、各部署やプロジェクトごとにマニュアルの管理をすることが可能になります。
また、ノートには、テキスト情報だけでなく、例えば、ホワイトボードの画像や、動画など、関連するファイルを一緒に残しておくことができます。
タスク管理

ノートに紐づけてタスクを管理することができるので、マニュアルと一緒に関連するタスクを設定することができます。
また、タスクは個人的なタスクだけでなく、チームのタスクも管理することができます。
メッセージ

Stockのメッセージ機能は、各テーマ毎にやり取りをできるので、余計な会話が混じることはありません。
例えば、マニュアルに関するやり取りだけをノートを見ながらすることができます。

■Stockの料金


https://www.stock-app.info/pricing.html

Stockは、期間の制限がなく、無料から利用することができます。
容量を増やしたり、管理機能を強化する場合など、有料プランで利用しても、1人あたり月額400~500円程度となっています。

エンジニア向けのナレッジマネジメントツール

「Qiita:Team」

「Qiita:Team」|生産性を向上させる情報共有ツール

https://teams.qiita.com/

Qiita:Teamは、日報や議事録などのドキュメント作成・共有ツールです。
主に、エンジニアチームを中心として利用されており、属人的なノウハウや技術要件が共有され、組織の見える化を進めることができます。

■Qiita:Teamの特徴

1. 簡単に書けて簡単に共有できる
テンプレート機能を利用して読みやすくきれいなドキュメントを作成・共有することができます。
 
2. 他ツールとの連携機能が豊富
Slack、HipChat、ChatWorkなどのチャットツールとの連携や、Webhook機能使った連携も可能です。

■Qiita:Teamの主な機能

ドキュメント作成

Markdownやテンプレート機能に対応しており、エンジニアにとっては慣れた形式で作成することができます。また、作成したドキュメントもすぐにフィードに投稿できるため、共有も簡単です。

■Qiita:Teamの導入費用


https://teams.qiita.com/pricing/

30日間の無料トライアルがついていますが、基本的には有料プラン(1490円/月(3人まで)〜)の契約が必要になります。
メンバー数に応じて料金が変動(機能に違いはない)するシンプルなスタイルです。
 

「Confluence」

「Confluence」|チームコラボレーションソフトウェア

https://ja.atlassian.com/software/confluence

Confluenceは、JIRAなどのプロジェクト管理ツールを開発しているAtlassianが提供する、Wikiツールです。
エンジニアに利用されているプロジェクト管理ツール「JIRA」と連携して利用することで、シームレスにノウハウ共有することが可能になります。

■Confluenceの特徴

1. JIRAと連携できる
既にJIRAを利用している場合には、Confluenceと連携することができるため、プロジェクトに関するノウハウ共有が簡単になります。
 
2. 細かい権限設定
きめ細かい権限設定により、メンバーの閲覧や編集を制御することができます。

■Confluenceの主な機能

ドキュメント管理


テキスト情報以外にOffice文書や画像等を共有できます。また、バージョン管理、プレビュー、全文検索などにも対応しています。

■Confluenceの料金


https://ja.atlassian.com/software/confluence/pricing

7日間の無料トライアルを利用することができますが、基本的には有料プランへの契約が必要になります。
人数によって単価が異なるため、利用人数を確認した上で料金の確認をした方が良いです。また、JIRAを既に利用している場合には、無料でConfluenceの利用ができます。
 

国内で開発されているBIツール

「Data Knowledge」

「Data Knowledge」|全社員のデータ活用を実現するナレッジ共有型BIツール

https://www.dataknowledge.jp/

Data Knowledgeは、社内にある大量のデータを各種機能により、全社員がデータを活用できるようにするためのツールです。
BIツールの設定に詳しい方がいる企業や、大企業が利用しやすい仕様になっています。

■Data Knowledgeの特徴

1. 多彩な分析レポート
経営実態が蓄積されている社内サーバーのデータから、簡単にレポートを作成することができます。
 
2. 分析ノウハウ共有機能
社内で作成された各種の分析ノウハウを公開・共有して、誰もがデータ分析をスムーズにすることができます。

■Data Knowledgeの主な機能

ナレッジ共有機能

分析ノウハウだけではなく、検索画面やレポートの共有もでき、様々なデータ活用方法に対応することが可能です。

■Data Knowledgeの導入費用

無料体験することは可能ですが、実際に導入をする際には料金を含め問い合わせが必要になります。
 

eラーニング活用するナレッジマネジメントツール

「Dojo」

「Dojo」|マニュアル作成ソフト

https://www.tepss.com/

Dojoは、豊富な機能が搭載された、誰でも手軽に、誰が作っても簡単に高品質なマニュアルが作成できるツールです。
マニュアル作成に特化したツールのため、本格的に社内のマニュアル整備に取り組むことができます。

■Dojoの特徴

1. 手軽で高品質なマニュアルを作成できる
豊富に用意されたテンプレートを使えるので、特別な知識が必要なく、誰でもマニュアルを作成することができます。
 
2. eラーニングコンテンツも作成できる
ただマニュアルを作成するだけでなく、eラーニングコンテンツを作成することで、繰り返し学習で効果的に知識を身に付けることができます。

■Dojoの主な機能

マニュアル作成機能

分かりやすい操作性と豊富なテンプレートで、誰でも簡単に高品質なマニュアルを作成することができます。

■Dojoの導入費用

無料で体験版を利用することができますが、本格的に導入する場合には問い合わせをする必要があります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
日々蓄積される社内のナレッジが、適切にマネジメントできるツールを活用することで、無駄な業務の削減、効率的な仕事の進め方になるのではないかと思います。
 
是非今回ご紹介させていただいたツールを活用し、ナレッジ共有を効果的に行っていただければ嬉しいです。