「要件の認識不足があり、手戻りが多く発生した」「タスク管理ができておらず、スケジュールが狂った」などの理由でプロジェクト管理にお困りの方も多いかと思いのではないでしょうか。
 
今回は、プロジェクト管理をする上で必要な機能や、その機能を兼ね備えたツールをご紹介させていただきます。
 
是非、現在の悩みを解消するツールや、プロジェクトを進める上で困りそうなことを事前に抑える働きをするツールの選定に役立てて下さい。

 

プロジェクト管理ツールに最低限必要な機能

①ノート機能

議事録や要件など、プロジェクトに関連するドキュメントは多数存在します。
それらの管理をきちんとしておくことで、後から振り返りがしやすかったり、各メンバー間の認識齟齬を防ぐことができます。

②タスク管理機能

プロジェクトを進める上で欠かせないのがタスク管理です。
タスク管理をすることで、各メンバーのやるべき事が明確になり、円滑なプロジェクト進行に繋がります。

③メッセージ機能

メッセージ機能を使ったコミュニケーションを円滑に行うことで、メンバー間の情報共有がスムーズになります。
また、タスク管理とコミュニケーションが一緒にできるツールを使うことで、複数のツールをまたぐ必要がなくなるため、情報の一括管理が可能になります。

おすすめプロジェクト管理ツール5選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使えば、「ノート機能」、「タスク管理」、「メッセージ機能」を利用することができるため、Stockだけでプロジェクト管理が可能になります。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができますが、有料プランにすると、ノートを無制限で利用することができるようになる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」なども利用できます。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

<Stock利用企業の声>

Stockをプロジェクト管理で導入している企業の声をご紹介いたします。


エンジニア向け機能が豊富に揃ったプロジェクト管理ツール

「Backlog」

Backlogは、プロジェクトで発生するタスクなどの進捗状況を、一括管理できるプロジェクト管理ツールです。
Gitなどと連携できることから、エンジニアの方々に多く利用されています。

<Backlogをおすすめするポイント>

  1. プロジェクトの進捗を見える化できる
    ガントチャートでタイムライン的に可視化することができるので、視覚的に進捗の把握ができます
  2. Gitなどを使ってソースコードを管理できる
    BacklogをGitリポジトリとして利用可能なため、Backlog上でコードレビューができます。
 


「Asana」

Asanaは、タスク管理機能がメインとなっている、高機能なプロジェクト管理ツールです。
細かい設定や機能が充実しているため、ツールを使いこなせる方向けになります。

<Asanaをおすすめするポイント>

  1. プロジェクトの進行状況を把握しやすい
    タスクのボードやタイムラインを使って、現在の状況を一目で把握できるようになっています
  2. 100以上のアプリと連携が可能
    SlackやDropboxなど多くの有名アプリと連携がdきるため、Asanaを起点としたプロジェクト管理が可能になります。
 


「JIRA」

Jiraは、アジャイルチームのためのプロジェクト管理ツールです。
ソフトウェア開発用の機能が豊富に用意されており、ナレッジマネジメントや開発ワークフローとの連携も容易です。

<JIRAをおすすめするポイント>

  1. カンバンボードでタスク管理
    ドラッグ&ドロップによる視覚的なタスク管理が可能です。
  2. 多種多様なレポート出力
    チームのパフォーマンスに関するレポートなど、リアルタイムでの出力ができます。
 

サーバーインストール型プロジェクト管理ツール

「Redmine」

Redmineは、オープンソースソフトウェアのプロジェクト管理ツールで、チームでシステム開発を進める際によく使われています。
自社サーバーへインストールする必要があるため、使い始めるには専門的な知識が必要になります。

<Redmineをおすすめするポイント>

  1. オープンソースソフトウェア
    オープンソースソフトウエアとして公開されているため、誰でも自由に使うことができます。
  2. textile記法に対応
    エンジニアにとっては使い勝手の良い記法でwikiを作成することができます。
 

[参考]プロジェクト管理ツールに関する紹介記事

プロジェクト管理ツール14選〜業務にマッチするツールを見つけよう〜

無料で使えるプロジェクト管理ツールを徹底比較!目的別で選ぶ!


まとめ

プロジェクト管理ツールは開発で使うイメージが強いかと思いますが、今では開発以外の現場でも導入されています。
 
使いやすいツールを導入することで、例えば、Excel管理で混乱していたことが解消されるなど、多くのメリットを受けることができます。
 
是非今回厳選したツールを参考に使いやすいものを探してみてください。