日々のタスクをどのように管理されていますでしょうか。
 
メモ帳を使ったり、アプリを使ったりと様々な方法で管理されているかと思いますが、適切な方法で管理をすることで個人的なタスクだけでなく、チーム全体のタスクも円滑に進めることが可能になります。
 
今回は多くのタスク管理アプリがある中から、オススメのものをピックアップさせていただきました。
 
「自分に合っているもの」「チーム内のメンバーが使いこなせるもの」を是非選んでいただければと思います。

 

タスク管理アプリを使うべき理由

①いつでもどこでも確認できる

タスク管理アプリを使えば、外出先でも気づいた時にタスクの確認や登録ができます。
その場で使えることから、登録漏れや対応漏れを防ぐことが可能になります。

②チーム内で共有ができる

アプリを使うことで、自分のタスクや他メンバーのタスクが共有された状態になります。
そのため、それぞれがタスクを把握できるので、チーム全体の進捗管理に役立ちます。

③タスク漏れを防げる

タスク管理アプリには通知機能がついているため、期限が切れそうなタスクがある場合には通知を受け取ることができます。
メモ帳などでの管理とは異なり、アプリを使えば、タスク漏れを防ぐことが可能になります。

タスク管理アプリ5選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使うことで、議事録などのストック情報と、タスクを一緒に管理することが可能になります。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができますが、有料プランにすると、ノートを無制限で利用することができるようになる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」なども利用できます。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

エンジニア向けタスク管理アプリ

「Backlog」

Backlogは、プロジェクトで発生するタスクなどの進捗状況を、一括管理できるタスク管理アプリです。
Gitなどと連携できることから、エンジニアの方々に多く利用されています。

<Backlogのポイント>

  1. タスクの進捗を見える化できる
    登録したタスクをガントチャートで可視化できるので、視覚的に進捗の確認ができます
  2. Gitなどを使ってソースコードを管理できる
    BacklogをGitリポジトリとして利用可能なため、Backlog上でコードレビューができます。

<タスク管理をする上で気を付けておきたい点>

  • エンジニア以外の方が使うと難しく感じる
    エンジニア向けのツールになるため、それ以外の方が利用すると用語などで戸惑うことがあります
  • タスクに関するコミュニケーションがしにくい
    コミュニケーションに関する機能がないため、タスクに関するやり取りをするには、別のツールを使う必要があります
 

「JIRA」

Jiraは、アジャイルチームのためのプロジェクト管理ツールです。
ソフトウェア開発用の機能が豊富に用意されており、エンジニアにとってタスク管理しやすい環境が整っています。

<JIRAをおすすめするポイント>

  1. タスク管理がカンバンボード形式でできる
    ドラッグ&ドロップによるステータス管理ができるため、視覚的なタスク管理が可能です
  2. 開発ツールとの統合
    チームのパフォーマンスに関するレポートなど、リアルタイムでの出力ができます。

<タスク管理をする上で気を付けておきたい点>

  • 使いこなすのが難しい
    高機能ツールなため、専門的な知識がないと使いこなすのが難しいです
  • タスクに関するコミュニケーションがしにくい
    コミュニケーションに関する機能がないため、タスクに関するやり取りをするには、別のツールを使う必要があります
 

タスク管理のみに特化したアプリ

「Trello」

Trelloは、ふせんを貼ったりはがしたりする感覚で、タスク管理ができるアプリです。
ボードと呼ばれる場所で、タスクのステータスを視覚的に把握しやすくなっています。

<Trelloのポイント>

  1. 直感的に操作ができる
    付箋を貼ったり、移動したりする感覚で使えるので、迷うことがありません
  2. 進捗の管理がしやすい
    タスクを並べて、ドラッグ&ドロップでステータスを管理できるため、進捗管理が視覚的に可能になります。

<タスク管理をする上で気を付けておきたい点>

  • タスクに関するコミュニケーションが取りにくい
    コミュニケーションに関する機能がついていないため、別のツールを使う必要があります
  • チーム全体のタスクの進捗が把握しにくい
    無料プランでは管理者機能がほとんど使えないため、個人のタスクは把握しやすいですが、チーム全体のタスクの把握が難しくなります
 

個人的なタスク管理に向いているアプリ

「Wunderlist」

Wunderlistは、Microsoftが提供するタスク管理アプリです。
シンプルなタスク管理アプリで、仕事や日常生活のタスクが簡単に管理できます。

<Wunderlistのポイント>

  1. 豊富な通知機能
    締め切りの通知やリマインダーなど、設定によって様々な通知を受け取ることができます
  2. ほぼ全ての端末に対応している
    PC、スマホはもちろんのこと、タブレットやKindle Fireなどのあらゆる端末で利用することができます

<タスク管理をする上で気を付けておきたい点>

  • 個人向けのタスク管理がメイン
    タスクリストの共有機能はありますが、あくまで個人のタスク管理がメインになっています
 

[参考]タスク管理アプリの紹介記事

使いやすいタスク管理アプリ9選!今すぐ使ってタスク漏れを防ごう

これで期限を守れる!簡単にタスク管理ができるツール7選

まとめ

タスク管理というと、個人的に管理をすることを想像されることも多いかと思いますが、共有することで、
 
もし、まだタスクの情報を共有する環境にない場合には、一度アプリなどを使ってチーム全体でタスク管理をしてみてはいかがでしょうか。
 
是非、今回ご紹介したタスク管理アプリを参考に、現状のタスク管理の方法を見直していただければと思います。