日々の生活の中でメモなどを残す際に、メモ帳やノートを使って管理しているかと思いますが、困ったことはないでしょうか?
 
「メモ帳を紛失してしまった」「あとで書こうと思ったけど忘れしまった」などなど、様々あるかと思います。
 
今回の記事では、メモをクラウド上で管理できるツールをご紹介させていただきます。
 
スマホやパソコンを使って、クラウド上で管理することで、アナログ管理で困っていることが解消されるのではないかと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

クラウド上でメモを管理するメリット

①紛失の心配がない

クラウド上で管理をされているため、メモ帳をなくした、端末内のデータを消してしまったことによる紛失の心配がありません。
そのため、あらゆる情報を安心して記載することができ、必要な時に情報にアクセスできるようになります。

②編集や管理が楽

スマホでも使うことができると、思いついた時にすぐに書き残すことが可能になります。
また、メモの整理も簡単にできるため、多くの情報を散らばることなく管理できます。

③他人への共有が簡単

アナログ管理の場合、メモを共有するには印刷をしたり、書き写したりと手間がかかってしまいます。
しかし、クラウド上で管理すれば、すぐに誰とでも共有することができます。

メモをクラウド上で管理できるおすすめツール5選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使えば、ノート形式で簡単にメモを残せるだけでなく、タスク機能やメッセージ機能を使い、仕事の情報共有ツールとしても活用できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのプロジェクト管理に必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

エンジニア向けのメモをクラウド管理できるツール

「Scrapbox」

Scrapboxは、あらゆる情報を自動で整理することができる知識共有サービスです。
同一ページで、複数名がリアルタイムで編集をすることが可能で、書いた内容はリアルタイムで保存されるのが特徴です。

<Scrapboxのポイント>

  1. 開発者のための機能
    プログラミングコードの共有や、CSSによるカスタマイズが可能です
  2. Gyazoとの連携
    Gyazoと同じ会社が作っているため、GyazoのURLを貼り付けるだけで画像がプレビューされます

<Scrapboxを使う上で気をつけておきたい点>

  • スマホの公式アプリがない
    公式アプリがないため、スマホでの操作ができません。そのため、外出先でのメモなどには向いていません
  • エンジニアやデザイナー以外の人には必要ない機能がある
    Markdownでの記載など、エンジニアやデザイナー以外の人が使うには機能が多いです
 

「Inkdrop」

Inkdropは、エンジニアやデザイナーのための、Mac、Windows、Linuxで利用できるノートアプリです。

<Inkdropのポイント>

  1. エンジニアやデザイナーに嬉しい機能が充実
    マークダウンやコード共有に対応しているため、エンジニアやデザイナーに取って使いやすいものになっています
  2. 60日間の無料お試し期間
    1週間や30日間でないため、十分な検討期間を設けることができます

<Inkdropを使う上で気をつけておきたい点>

  • 日本語対応していない
    メニューなどが全て英語のため、抵抗がある方はうまく使いこなすのが難しいです
  • エンジニアやデザイナー以外の人には必要ない機能がある
    Markdownでの記載やコード共有など、エンジニアやデザイナー以外の人には使わない機能が多いです
 

個人的なメモをクラウド管理したい人向けツール

「Evernote」

Evernoteは、クラウドにメモとして保存し、情報を収集、蓄積するノートアプリです。
ノート形式で情報を記載することができる他、多くの機能が付いているので、高機能アプリを使いたい人向けになります。

<Evernoteのポイント>

  1. Webクリップ機能
    ノート内に、気になったweb上の記事などを、簡単に貼り付けることができます
  2. あらゆる情報を全て一箇所に
    テキスト情報や画像、動画など、あらゆる情報を一つのノートで管理することができます

<Evernoteを使う上で気をつけたい点>

  1. チーム全体への共有はしにくい
    個人向けに使うことをメインに作られているため、共有して使うには難しく感じます
  2. 高機能なため、使い方が難しい
    ノート機能には様々な機能がついているため、シンプルに使いたい場合には迷う可能性があります
 

「Google Keep」

Google Keepは、Googleが提供しているメモアプリです。
Googleアカウントと連動しているため、保存されたメモは全てGoogleアカウントに管理されます。

<Google Keepのポイント>

  1. Googleアカウントと連動
    Googleアカウントを持っていれば、端末に関係なく、どこからでも自分のメモにアクセスすることができます
  2. パネル形式での表示
    保存したメモは、パネル形式で表示されるため、一覧性が高く、どのようなメモが保存されているか把握しやすくなっています

<Google Keepを使う上で気をつけたい点>

  1. フォルダではなくラベルでの管理
    ラベルでの管理となり、フォルダ階層化できないため、メモの整理をするのが難しく感じます
  2. あくまで個人向けのメモツール
    個人のメモをどんどん蓄積するのには向いていますが、それらを共有することには向いていません
 

[参考]メモ共有アプリの紹介記事

使い方簡単!複数デバイスで使えるメモ共有ツール5選

まとめ

クラウド上でメモを管理することは、多くのメリットがあります。
 
また、仕事でのメモの場合には、共有が簡単になることで社内のコミュニケーションも活発になります。
 
今回ご紹介させていただいたツールを使って、メモの管理を効率化していただければと思います。