ノートアプリを比較する際には様々なポイントがあるかと思いますが、皆さんはどのような観点で選んでいますでしょうか。
 
今回の記事では、選ぶ際のポイントとオススメのノートアプリをご紹介させていただきます。
 
どのノートアプリにしようか迷われている方や、違うアプリに変えてみようと思っている方の参考になれば嬉しいです。

 

ノートアプリにはどんな種類がある?オススメの選ぶポイント

①個人用のノートアプリか、ビジネス用のノートアプリか

ノートアプリをどのように使うかで大きく機能が異なってきます。
個人的に利用する場合には、自分好みにカスタマイズができればいいですが、ビジネス用の場合には、複数人での情報共有が円滑になるかどうかを検討する必要があります。

②情報の整理がしやすいかどうか

情報が多くなった時にどのように整理することができるかを確認するのがポイントです。
タグで分類しているのか、フォルダ階層で整理するのかなど、様々なものがあります。おそらく、フォルダ階層で整理されいた方が馴染みがあるのではないでしょうか。

③エンジニア等、特定の専門職のみが使うことを想定しているアプリではないか

例えば、エンジニア向けのアプリを非エンジニアが使ってしまうと、使いこなすことができず、アプリを使う意味がありません。
また、このようなアプリが非常に多いので注意で必要です。
どのような人が使うアプリなのかは、事前に確認をしておく必要があります。

オススメのノートアプリ5選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
Stockを使えば、「ノート機能」を使ってストック情報を管理できるだけでなく、「タスク機能」や「メッセージ機能」といったコミュニケション機能も利用できるため、ビジネスでの利用に最適なノートアプリです。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    議事録等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのプロジェクト管理に必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

エンジニアやデザイナーなどの専門職向けノートアプリ

「Inkdrop」

Inkdropは、エンジニアやデザイナーのための、Mac、Windows、Linuxで利用できるノートアプリです。

<Inkdropのポイント>

  1. エンジニアやデザイナーに嬉しい機能が充実
    マークダウンやコード共有に対応しているため、エンジニアやデザイナーに取って使いやすいものになっています
  2. 60日間の無料お試し期間
    1週間や30日間でないため、十分な検討期間を設けることができます

<Inkdropを使う上で気をつけたい点>

  • 日本語対応していない
    メニューなどが全て英語のため、抵抗がある方はうまく使いこなすのが難しいです


「Dropbox Paper」

Dropbox Paperは、メンバー同士でノートを作り上げることができるアプリです。
Dropbox内に保存されているファイルとの連携が強化されているので、関連した内容の紐付けが簡単になっています。

<Dropbox Paperのポイント>

  1. チェックリストやコメントなどの機能が豊富
    チェックリストが入れれたり、特定の内容にコメントを付けれるなど、付加機能が豊富にあります
  2. Dropboxとの連携
    Dropbox内のファイルを貼り付ければ、ダウンロードすることなく、すぐに開くことができます

<Dropbox Paperを使う上で気をつけたい点>

  • 情報の整理が難しい
    作ったものは作成順に表示されるため、それらをフォルダごとに分けるなどの操作に手間がかかります
  • 各機能を覚えるのに時間がかかる
    ほとんどの機能がアイコン表示のため、どのアイコンがどういった機能なのかを習得するのに時間がかかります

個人での利用に特化しているノートアプリ

「Simplenote」

Simplenoteは、簡単にメモやアイディアなどを残しておけるノートアプリです。
ノートをフォルダではなく、タグで管理するのが特徴的なアプリです。

<Simplenoteのポイント>

  1. Markdownが使える
    メモアプリながら、Markdown記法に対応しています
  2. 完全無料で使える
    全ての機能を無料で使うことができます

<Simplenoteを使う上で気をつけたい点>

  • 多くのメモを整理するのが難しい
    フォルダ階層で管理できないため、メモが多くなった際の整理が難しくなります
  • 共有には向いていない
    あくまで個人的にメモを蓄積していくアプリなので、共有には向いていません


「Bear」

Bearは、Markdownなどのさまざまなマークアップに対応したアプリです。
タグ検索できたり、ファイルがあるメモだけ検索できるなど検索性に優れているのが特徴です。

<Bearのポイント>

  1. 複数のメモの相互リンクが可能
    メモ内にテキストリンクを貼り、別のメモへのリンクを簡単に作れます
  2. デザイン性に優れている
    自分好みのテーマにカスタマイズできるなど、遊び心のあるインターフェースです

<Bearを使う上で気をつけたい点>

  • デバイス間で同期するには有料プランにする必要がある
    複数デバイスで情報を同期して使いたい場合には、有料プランへの加入が必要です
  • 共有には向いていない
    あくまで個人的にメモを蓄積していくアプリなので、共有には向いていません

[参考]情報共有が円滑になるノートツールの紹介記事

情報共有が円滑になるノートアプリ7選

まとめ

どのような目的で使うのかによって、選ぶアプリが大きく変わってきます。
 
もちろん機能面も重要ですが、「何に使うのか」「誰が使うか」を明確にすることで、より適したものを使うことができるのではないかと思います。
 
是非今回ご紹介したノートアプリを参考にしてみてください。