工務店の業務効率化をするためには、お客さんの情報管理に加え、日々の現場での進捗管理の共有が大事になってくるのではないでしょうか。
 
今回の記事では、現場の情報共有を効率化するためのオススメのクラウドツールをご紹介させていただきます。
 
現場での情報共有にお悩みの方や、今後クラウド化を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

工務店でクラウド化しやすい内容

①案件管理

特に複数の案件が重なり、多くの現場が発生する場合には、それぞれの案件を管理することが難しくなってきます。
案件ごとに情報を管理しておくことで、施行前後でのステータスや、打ち合わせ内容の管理がしやすくなります。

②日報

日々の作業内容を報告・管理する上で日報は非常に役に立ちます。
特に当日の写真や動画と一緒に作業内容を残してくことで、視覚的に進捗状況が分かるだけでなく、後からの振り返りもしやすくなります。

③各種書類の管理

見積書や発注書など現場作業が発生する前の書類から、設計に関する書類などの現場に関する書類まで多くの書類を取り扱うことになります。
それらを現場単位でクラウド管理をしておくことで、いつでもモバイル端末から内容の確認ができ、スムーズな対応が可能となります。

工務店の業務効率化を実現するクラウドツール10選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、案件ごとに書類や、現場での進捗、日報まで、あらゆる情報の管理ができるようになります。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すれば、各現場でのコミュニケーションや情報共有が円滑になります。

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

 

工務店向けの業務支援システム

「工務店向けクラウドEX」

工務店向けクラウドEXは、営業や施工管理、アフターケアなどの工務店の業務を一元管理できるサービスです。

<工務店向けクラウドEXのポイント>

  1. 業務の一元管理
    最初の営業からアフターケアまでの一連の業務を一元管理することができます
  2. モバイル端末対応
    パソコンだけでなく、モバイル端末からも情報の閲覧ができます

<工務店向けクラウドEXを使う上で気を付けておきたい点>

  • 料金がいくらになるか分からない
    初期費用と月額費用がかかりますが、それぞの金額が非公開のため、場合によっては予算を超えた料金になってしまうことがあります
 

「AnyONE」

AnyONEは、住宅業界に特化した基幹システムで、顧客管理や工程表を一元管理することができます。

<AnyONEのポイント>

  1. 工務店・リフォーム会社の業務に特化した設計
    顧客管理の仕方や写真や資料の管理など、普段の業務に合わせた管理が可能です
  2. 全ての端末に対応
    パソコンやスマートフォン、タブレットからも操作できるため、移動中や現場での操作も簡単にできます

<AnyONEを使う上で気を付けておきたい点>

  • 月額費用が高い
    1人あたり6,000円/月かかってしまうため、ある程度予算のある工務店向けの価格体系になっています
 

「Kizuku」

Kizukuは、現場の効率化と品質確保を図ることを目的とした、現場向けのコミュニケーションアプリです。

<Kizukuのポイント>

  1. グループウェアのように使える
    顧客管理などの機能以外にも、コミュニケーション機能や写真を管理するフォルダ機能もついています
  2. 初めから終わりまでをワンストップ
    協力会社の手配から、施工、支払い業務までのワンストップで行えます

<Kizukuを使う上で気を付けておきたい点>

  • 初期費用が高い
    プランに関わらず、初期費用が10万円がかかってしまいます
 

チャットでのやり取りだけで十分な時に使えるツール

「チャットワーク」

チャットワークは、ビジネス向けに特化したチャットツールです。
チャットで気軽にやり取りができることから、コミュニケーションが活発になり、情報共有が促進されます。

<チャットワークのポイント>

  1. 気軽なコミュニケーションが可能
    全体的にデザインが明るく、絵文字機能などで、気軽なコミュニケーションが促進されます
  2. 既読を表す機能がない
    メッセージを自分のタイミングで確認できるため、チャットに余計な時間を割く必要が無くなります

<チャットワークを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    チャット形式のため、投稿した情報は流れてしまい、後から見返すのが難しくなります
  • 無料プランだと累計14個までしかチャットグループを作れない
    制限が厳しいため、リモートワークでチャットを使いこなすには、有料プランにする必要があります
 

「Slack」

Slackは、ビジネス向けのチャット形式のコミュニケーションツールです。
エンジニア中心に使われてきましたが、最近ではIT業界を中心に、他業種の方でも利用する人が増えています。

<Slackのポイント>

  1. 他サービスとの連携が豊富
    タスク管理ツールやスケジュールとの連携など、あらゆるサービスからの通知を受け取ることができます
  2. カスタマイズ性が高い
    例えば、独自の絵文字を作ったり、勤怠管理をしたりなど、専門知識があれば様々なカスタマイズができます

<Slackを使う上で気を付けておきたい点>

  • 大事な情報が流れていってしまう
    チャットワーク同様に、チャットツールのため、投稿した情報はどんどん流れてしまいます
  • ストック情報を管理できない
    フロー情報を扱うツールのため、タスク機能がなかったりと、ストック情報を管理することができません
 

日々の現場での日報や報告をスムーズにできるツール

「Field Plus」

Field Plusは、スマートフォンを使って、現場からリアルタイムで作業報告ができるツールです。

<Field Plusのポイント>

  1. 管理者はパソコンから一括管理が可能
    現場から報告された各スタッフの作業内容を、リアルタイムで一括確認することができます
  2. 報告内容のカスタマイズができる
    現場に合わせて、報告すべき内容をカスタマイズすることができます

<Field Plusを使う上で気をつけたい点>

  • パソコンから報告書の記載ができない
    パソコンから確認できるのは、あくまで管理者のため、スタッフはスマホかタブレット端末からしか利用できません

Field Plusの詳細はこちら

 

「houren.so」

houren.soは、幅広い業種で活用できる、写真を中心とした日報ツールです。

<houren.soのポイント>

  1. 作業中に写真を撮っておくだけ
    作業中に写真を撮っておけば、業務の最後に一言加えるだけで日報が作成できます
  2. 現場で撮った写真を活かすことができる
    日報により、多くの現場の写真を集めることができるため、その写真を資料やマニュアルで活用することができます

<houren.soを使う上で気をつけたい点>

  • 無料プランの制限では使いにくい
    無料プランは300MBまでしか使えないため、多くの写真が共有される場合は、継続的な利用が難しくなります

houren.soの詳細はこちら

 

自社の現場向けにカスタマイズできるツール

「Kintone」

kintoneは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できる、サイボウズのクラウドサービスです。

<Kintoneのポイント>

  1. 自社の業務に合わせたシステムを作成できる
    カスタマイズが可能なため、自社業務に合わせたシステムにすることができます
  2. アプリ開発やAPI連携が可能
    Javascriptを使った開発や、APIによる他ツールとの連携にも対応しています

<Kintoneを使う上で気をつけておきたい点>

  • 専門的な知識が必要
    自社向けにカスタマイズができますが、カスタマイズをするには、専門的な知識が必要になります
  • 使い方を理解するのが難しい
    豊富な機能があるため、メンバーそれぞれが機能を使いこなすまでに時間がかかります
 

まとめ

案件獲得から現場作業まで、日々のやり取りを共有しておくことで進捗管理がしやすくなります。
 
是非今回ご紹介させていただいたツールを活用し、情報共有の効率化に役立てていただければと思います。

 
 

こんなお悩みありませんか?
「チャットだと流れていき、ファイル管理だと面倒」
Stockは「チームの情報を最も簡単に残せるツール」です。
ITに詳しくない65歳の人が、説明なく使えるほどシンプルです。



Stockの詳細はこちら