どのような業種でも営業活動は非常に大事なものとなりますが、まだまだツールを導入した効率化を実践できている企業は少ないのではないでしょうか。
 
今回は、営業活動を効率化するためのポイントと、それを実践できるツールをご紹介させていただきます。
 
現状のやり方を変えたいとお考えの方は、是非参考にしてみていただければと思います。

 

営業活動を効率化するためのポイント

①顧客情報の管理

名刺の情報や、打ち合わせの際のメモなど、顧客ごとに多くの情報を扱います。
それらを分散して管理するのではなく、一括管理をしておくことで、必要な時にすぐに情報へアクセスでき、他メンバーへの共有も簡単になります。

②外回りの移動時間の削減

営業活動において、移動時間というのは意外と大きな割合を占めるのではないでしょうか。
そこで、Web会議システムを用いることで、クライアント先へ訪問しなくても自社にいながら打ち合わせなどができるようになります。

③事務作業の効率化

営業の仕事のメインとなる商談以外にも、経費精算や請求書の発行など、事務的な作業が多くあります。
そのため、そういった仕事を効率的にしやすくしておくことで、本来時間をかけるべきところに注力することができるようになります。

日々の営業活動を効率化できるツール10選

チームの情報を最も簡単に残せるツール

「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、打ち合わせの議事録を簡単に残すことができます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すれば、記載した顧客の情報ごとにコミュニケーションができるため、他メンバーへの共有や、資料の作成依頼などをスムーズに行うことができます。

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

https://www.stock-app.info/pricing.html

 

簡単に名刺管理をすること営業活動に繋げるなら

「Eight」

Eightは、無料で名刺管理ができるツールです。
最新の名刺情報をクラウド上で管理できるため、クライアントや見込み顧客の管理に利用することができます。

<Eightのポイント>

  1. 名刺を撮影するだけ
    名刺をスマホで撮影するだけで、内容が保存されます
  2. 情報の発信ができる
    自分のプロフィールをweb上に公開したり、会社の情報などを発信できます

<Eightを使う上で気をつけておきたい点>

  • 企業向け価格は高額
    社内で名刺情報を共有するには、企業向けプランを契約する必要があり、固定費として1万円かかります
 

「myBridge」

myBridgeは、LINEが運営する名刺管理アプリです。

<myBridgeのポイント>

  1. LINEとの連携
    登録した名刺情報を簡単にLINEのトークで共有することができます
  2. 社内で共有の名刺帳を作れる
    部署ごとにカテゴリー分けをし、名刺情報を社内で共有することができます

<myBridgeを使う上で気をつけておきたい点>

  • 名刺管理以外の機能はない
    上述のEightやWantedly PeopleのようなSNS機能はないため、単に名刺情報を管理するだけとなります。
 

SFA(営業支援ツール)を使って効率化を図るなら

「Senses」

Sensesは、直感的に管理ができることが特徴の営業支援ツールです。

<Sensesのポイント>

  1. カード形式での管理
    カンバン方式で進捗の管理ができるため、直感的に状況の把握をすることができます
  2. GmailやGoogleカレンダーとの連携
    Chromeの拡張機能を使えば、メールのやり取りをSenses内に取り込むことができます

<Sensesを使う上で気をつけたい点>

  1. 費用が高額
    一番安いプランでも月額2.5万円〜のため、本格的な運用を考えている企業向けのツールになります
 

「ちきゅう」

ちきゅうは、シンプルな操作性が特徴の、顧客管理・営業支援システムです。

<ちきゅうのポイント>

  1. シンプルな機能
    必要な機能に絞っているため、初めての方でも導入がしやすくなっています
  2. Gmail連携
    メールの本文と添付ファイルを簡単に取り込むことができます

<ちきゅうを使う上で気をつけたい点>

  1. 少人数での利用ができない
    最低でも10ユーザーからの申し込みとなるため、小規模の会社では導入しにくいプラン設計になっています
 

「Knowledge Suite」

Knowledge Suiteは、顧客管理と営業支援システムに加え、グループウェアとしても使えるクラウド型のアプリケーションです。

<Knowledge Suiteのポイント>

  1. ユーザー数無制限
    どのプランでも無制限で利用できるため、利用する人を絞ったりする必要がありません
  2. オールインワン
    顧客管理・営業支援システム以外にグループウェアの機能も利用することができます

<Knowledge Suiteを使う上で気をつけたい点>

  1. 費用が高額
    最低でも月額5万円のため、利用ユーザー数が多い企業でないと導入が難しいです
 

Web会議システムを使って移動時間の削減に繋げるなら

「Zoom」

ZOOMの画像

Zoomは、高音質・高画質なweb会議を可能にするツールです。

<Zoomをおすすめするポイント>

  1. 参加者はユーザー登録が不要
    参加者はユーザー登録をする必要がなく、招待用のURLをクリックするだけですぐに参加することができます
  2. 通信が安定している
    データ通信量が少ないため、通信環境の影響やパソコンのスペックの影響をあまり受けることなく利用できます

<ZOOMを使う上で気を付けておきたい点>

  • 無料プランの場合、3人以上の連続通話は40分まで
    通話時間の制限があるため、大人数での会議が頻繁に行われる場合には、有料プランにしなければいけません
 

「Skype」

Skypeの画像

Skypeは、無料で音声通話やビデオ通話、インスタントメッセージを利用できるツールです。

<Skypeをおすすめするポイント>

  1. Skypeユーザー同士なら無料通話が無制限
    音声通話やビデオ通話が、無料で何時間でも通話することができます
  2. Office365との連携
    Office365を契約していれば、例えば議事録からワンクリックでSkypeを起動することが可能になります

<Skypeを使う上で気を付けておきたい点>

  • 通信環境の影響を受けやすい
    利用している通話環境によっては、なかなか繋がらなかったり、通話が不安定になることがあります
 

経費精算や請求書発行の業務時間を削減するなら

「MISOCA」

MISOCAは、クラウドの見積書・納品書・請求書の作成サービスです。

<MISOCAのポイント>

  1. 書類の作成が簡単
    シンプルな操作で必要な情報を入力するだけで、書類を作成することができます
  2. 一括管理が可能
    見積書・請求書・納品書の作成から郵送までを一括管理することができます

<MISOCAを使う上で気をつけたい点>

  1. 無料プランの制限が厳しい
    無料プランでは月間5通までしか請求書の作成ができないため、普段使いをするには有料プランにする必要があります
 


「マネーフォワード クラウド経費」

マネーフォワード クラウド経費は、経費精算にかかる時間を1/10にできるクラウド型経費精算システムです。

<マネーフォワード クラウド経費をおすすめするポイント>

  1. レシートの自動読み取り
    入力の手間がなく、撮影するだけで申請することができます
  2. 交通系ICカードとの連携
    カードリーダーを使えば、日々の交通費精算などが簡単に行えます

<マネーフォワード クラウド経費を使う上で気を付けておきたい点>

  • 料金プランが複雑
    基本料金に加え、従業員数によって価格が変動するため、毎月どれくらいの金額がかかるか、きちんと確認する必要があります
 

まとめ

業種や営業の仕方によって、適したツールは異なりますので、まずは実際に試してから運用されるのがいいのではないでしょうか。
 
是非今回ご紹介させていただいたツールを活用し、営業活動の効率化を図っていただければと思います。