「プロに頼んだりせず、手間をかけずにロゴを作りたい」と思われていても、どのように作ればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、無料で簡単にロゴの作成ができるサイトをご紹介させていただきます。
 
お金をかけずに、見栄えの良いロゴを作りたいと思われている方は、是非これからご紹介するサイトから作ってみていただければと思います。

 

ロゴ作成サイトを選ぶ際の5つのポイント

①簡単な操作でロゴを作成できるか

簡単にロゴが作成できるような仕様になっていなければ、サイトを利用する意味がありません。
テキストを入力して、希望のデザインを選択するだけでロゴが作成できるなど、数ステップでロゴの作成ができるサイトを選ぶことが重要です。

②豊富なテンプレートが用意されているか

業種のカテゴリーからテンプレートを選択できるなど、選択肢が多く用意されていることで、イメージに近いロゴを簡単に作れるようになります。
そのため、どのくらいのテンプレートが用意されているかは、サイトの選択基準の一つになります。

③無料でも品質の高いロゴが作成できるか

例えば、作ったロゴに作成サイトの名前が入ってしまうなど、現実的に利用できないロゴができてしまうことがあります。
また、無料の場合は極端に画像が粗いこともあるため、利用するサイズに適した品質のロゴが作れるか試してみることが必要です。

④ビジネスでも利用できるロゴが作成できるか

基本的にビジネスで利用しても問題ないサイトが多いですが、念の為確認をしておく必要があります。
また、作れるロゴのテイストがビジネスに向いていなかったり、派手なものしか作れない場合には、ビジネス利用を避けた方が良いです。

⑤日本語にも対応しているか

海外のサイトも多く、操作メニューが英語表記のみの場合も多くあります。
また、日本語フォントに対応していない場合など、例えば会社名のロゴが作れないこともありますので、事前に対応状況を確認しておくことが大事です。

無料でロゴ作成ができるサイト10選

Cool Text

Cool Textは、128種類のデザインの中から好きなものを選択し、テキストを入力するだけで、ロゴの作成ができるサイトです。

<Cool Textのポイント>

  1. わずか2ステップでロゴの作成ができる
    「デザインを選択」「ロゴのテキストを入力」の2ステップだけでロゴを作成することができます。
  2. 日本語に対応している
    メニューだけでなく、フォントなども日本語対応しているため、日本語が入ったロゴを作成することができます。

<Cool Textを使う上で気を付けておきたい点>

  • ビジネス向けのデザインが少ない
    ポップで派手なデザインが多いため、多くのビジネス向けデザインから選びたい場合には、向かないかもしれません。
  • カスタマイズしようとすると難しい
    決められたデザインに影をつけたり、色を変えたりすることができますが、そのような操作をする場合には、操作が難しく感じるかもしれません。
 

Logo Garden

Logo Gardenは、カテゴリーごとの多くのデザインの中から、テキストや色などを自由にカスタマイズしてロゴの作成ができるサイトです。

<Logo Gardenのポイント>

  1. カテゴリーごとにデザインの選択ができる
    カテゴリーごとにデザインの選択ができることから、例えば自社の業種に合わせたデザインを選択できます。
  2. テキストの配置などの自由度が高い
    ロゴの指定された箇所にテキストを配置するのではなく、自由自在な配置とフォントの変更が可能になります。

<Logo Gardenを使う上で気を付けておきたい点>

  • 日本語対応していない
    メニューが日本語対応していないだけでなく、ロゴ内にも日本語を入れることができません。
  • Tシャツなどのロゴデザインをするには有料
    有料登録をすることで、作成したロゴを使った名刺やTシャツのデザインができます。
 

DesignEvo

DesignEvoは、豊富なテンプレートとフォントが用意されているロゴ作成サイトです。

<DesignEvoのポイント>

  1. デザイン性が高い
    デザインの種類だけでなく、フォントの種類も豊富なため、デザイン性の高いロゴを作成できます。
  2. 日本語にも対応
    サイトのメニューは英語になっていますが、ロゴには日本語を利用することができます。

<DesignEvoを使う上で気を付けておきたい点>

  • 無料ダウンロードするにはサイトのシェアが必要
    作成したロゴを無料ダウンロードするには、サイトをシェアする必要があります。
 

LOGASTER

LOGASTERは、会社名とデザインを選択するだけでクオリティの高いロゴを作成できるサイトです。

<LOGASTERのポイント>

  1. 画面の案内にしたがうだけで作成可能
    画面に案内される項目を選択するだけでロゴの作成ができます。
  2. ビジネスカテゴリーを選択できる
    自社の業種に合わせたデザインが自動で表示されます。

<LOGASTERを使う上で気を付けておきたい点>

  • 高解像度でダウンロードするには有料
    1024px以上のサイズでダウンロードするには有料になっています。
  • デザインが豊富すぎる
    多くのデザインが用意されているため、ある程度コンセプトが決まっていないと、選択に時間がかかってしまいます。
 

online logo maker

online logo makerは、フォントや素材の種類が豊富で、本格的なロゴも作成できるサイトです。

<online logo makerのポイント>

  1. ロゴ作成のチュートリアルがある
    ロゴを作成する前にチュートリアルを見ることで、スムーズなロゴ作成に繋がります。
  2. 本格的なデザインのロゴも作れる
    ただテンプレートにテキストを当てはめるだけでなく、様々なカスタマイズをすることができます。

<online logo makerを使う上で気を付けておきたい点>

  • 無料では300pxまでしか作成できない
    無料で利用すると最大で300pxでのダウンロードとなるため、大きいサイズで作成したい場合には、有料プランにするか、別のサイトを利用する必要があります。
  • ある程度知識は必要
    カスタマイズが色々できることから操作メニューが多く、サクッとロゴを作成したい場合には向いていないかもしれません。
 

Logo Maker

Logo Makerは、業種に合ったシンボルマークをカテゴリーから選択できる、企業向けのロゴ作成サイトです。

<Logo Makerのポイント>

  1. 登録不要でロゴが作成できる
    ロゴを作成するにあたり、メールアドレスなどの登録をすることなく作成できます。
  2. ビジネス向けのサイト
    ビジネス向けのロゴ作成が意識されたデザインが多くなっています。

<Logo Makerを使う上で気を付けておきたい点>

  • 設定項目がいくつかあるため手間がかかる
    2〜3ステップでロゴを作成できるわけではなく、幾つかの項目を設定する必要があります。
  • 日本語対応していない
    サイトメニューやヘルプは全て英語になっていますが、ロゴに日本語を使用することはできます。
 

LOGO MAKER powered by STORES.JP

STORES.JPのLOGO MAKERはショップ向けサイトが開設できるSTORES.JPが提供する、ロゴ作成サイトです。

<STORES.JPのLOGO MAKERのポイント>

  1. 会員登録不要で作成できる
    STORES.JPに会員登録していなくてもロゴの作成ができます。
  2. プレビューが見やすい
    常に横にプレビューが表示されるため、サイトに入れた場合や、名刺に入れた場合のイメージがしやすくなっています。

<STORES.JPのLOGO MAKERを使う上で気を付けておきたい点>

  • ショップ向けのロゴ作成サイト
    STORES.JPがショップ向けのサイトになっているため、会社名でのロゴ作成には向いていないかもしれません。
  • カスタマイズしにくい
    選択できる素材が少ないため、シンプルなロゴを作りたい方向けになっています。
 

flamingtext

flamingtextは、テキストを入力するだけで、数百種類の候補からロゴを作成できるサイトです。

<flamingtextのポイント>

  1. テキストを入力するだけ
    テキストを入力するだけで、400種類近くのデザイン候補が表示されるようになっています。
  2. 細い色や影の調整ができる
    指定されたデザインにカスタマイズを加えることができます。

<flamingtextを使う上で気を付けておきたい点>

  • テキストのみのロゴしか作れない
    マークなどを入れることができないため、テキストのみのロゴになります。
  • デザイン性が乏しい
    Wordで作ったようなデザインが多く、デザイン性を重視する場合には向いていません。
 

LOGO FACTORY

LOGO FACTORYは、テキスト情報を豊富に盛り込むことができる、ロゴ作成サイトです。

<LOGO FACTORYのポイント>

  1. いくつものテキストを配置できる
    会社名やサイト名だけでなく、サブテキストなども配置することができます。
  2. パワポのような操作性で作成できる
    素材の配置やテキストの設定など、パワーポイントのような操作性で作成できます。

<LOGO FACTORYを使う上で気を付けておきたい点>

  • 日本語テキストを入力できない
    ロゴを作成する際に日本語を利用することができません。
  • サイトがごちゃごちゃしている
    サイトがごちゃごちゃしており、どのようにロゴを作ればいいか迷います。
 

YouiDraw

YouiDrawは、立体的な図形や細かい陰影を反映させることができる、ロゴ作成サイトです。

<YouiDrawのポイント>

  1. 立体的な図形が使える
    立体的な図形を使ったロゴの作成ができるようになっています。
  2. 細かいところまで編集できる
    画像編集サイトのように、選択したロゴデザインを細かいところまで編集できます。

<YouiDrawを使う上で気を付けておきたい点>

  • 日本語はゴシック体のみ
    ロゴに日本語を利用することができますが、フォントはゴシック体に限られています。
  • 無料プランでは商用利用不可
    商用利用する場合には、有料プランにする必要があります。
 

ロゴの要件や作成管理をするなら「Stock」で!

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能になります。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できるようになります。
有料プランでも1人あたり月額400~500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。