Windows10をお使いの方で、動作が重いと感じていて、仕事に影響が出てしまっている方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、Windows10を高速化するために有効な設定と、ストレスなくサクサク操作できる情報共有ツールをご紹介させていただきます。
 
Windows10の高速化のために何をしていいか分からない方は、是非参考にしていただければと思います。

 

Windows10を高速化する際に確認したい設定

【1】バックグラウンドプログラムを無効化

多くのアプリがパソコンの起動と同時に勝手に動いてしまうことがあるため、バックグラウンドプログラムを無効化しておくことで、不要なアプリを無駄に起動するのを防ぐことができます。
その結果、Wndows10の高速化に繋がることになります。

①「設定」を開きます

②「プライバシー」を選択します

③左メニューから「バックグラウンドアプリ」を選択し、不要なアプリを「オフ」にします

【2】常駐アプリケーションの無効化

Windows10には、自動的に作動する「常駐アプリケーション」というのがあります。
これを無効にすることで、動作が重くなるのを改善できる可能性があります。

①スタートメニュー下部の検索欄に「msconfig」と入力し、「開く」をクリックします

②「タスクマネージャーを開く」をクリックします

③任意のプログラムを選択し、「無効にする」をクリックします

【3】フォルダオプションの無効化

フォルダオプションは、フォルダエクスプローラなどの表示方法を指定するオプションのことを指します。
不要なオプションをオフにすることでメモリ負担を軽減することに繋がります。

①「Windowsキー+Eキー」を押し、エクスプローラを開きます

②画面上部の「表示」を開き、「オプション」をクリックします

③「表示」タブの詳細設定の項目をオフにする

下記の項目をオフにします。
・フォルダーの結合の競合を非表示にする
・フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する
・フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する
・暗号化や圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示する
・空のドライブは表示しない
・登録されている拡張子は表示しなし

【4】Windows Defenderの無効化

ウイルスソフトをインストールしていれば、無効化しても問題ないため、動作が重い場合には設定変更しておくのが効果的です。
しかし、ウイルスソフトをインストールしていない場合には、無効化しない方がいいです。

①スタートメニュー下部の検索欄に「regedit」と入力し、「開く」をクリックします

②左側から「HKEYLOCALMACHINE」>「SOFTWARE」>「Policies」>「Microsoft」>「Windows Defender」の順番で開きます

③画面の空白部分で右クリックし、「新規」>「DWORD」をクリックします

④追加された項目の名前を「DisableAntiSpyware」に変更します

⑤「DisableAntiSpyware」を右クリックし、「修正」をクリックします

編集画面の値のデータ欄の数字を「1」に変更し、「OK」をクリックします

【5】電源オプションの最適化

電源オプションの設定が利用環境に合っていないと、ハードウェアのリソースを十分使いきれていない可能性があるため、最適化しておくことが必要です。

①「設定」を開きます

②「システム」を選択します

③「電源とスリープ」から、「電源の追加設定」をクリックします

④「プラン設定の変更」をクリックします

⑤「詳細な電源設定の変更」をクリックします

⑥「プロセッサの電源管理」を設定します

「最小のプロセッサの状態」を50%、「システムの冷却ポリシー」をアクティブ、「最大のプロセッサの状態」を100%にそれぞれ設定します。

⑦「ワイヤレスアダプターの設定」を設定します

「省電力モード」を最大パフォーマンスに設定します。

 

それでも解決しないなら・・・

アニメーションエフェクトの無効化

Windows10には、多くのアニメーションエフェクトがかかっているため、それを無効にすることでメモリの負担を軽減することに繋がります。
アニメーションエフェクトの無効化の手順は下記の通りです。

①スタートメニューを開き、「設定」をクリックします

②「その他のオプション」>「Windowsでアニメーションを再生する」の項目を「オフ」にします

OneDriveのアンインストール

様々なオンラインストレージサービスがありますが、OneDriveを使っていない場合には、アンインストールしてしまうのがいいかと思います。
しかも、OneDriveは自動起動する設定となっているため、使わないのにパソコンに入っている状態は余計な負担となってしまいます。

スタートメニューの透明効果の無効化

Windows10のスタートメニューには、半透明エフェクト効果がかかっているため、それを無効にすることでメモリの負担を軽減することに繋がります。
スタートメニューの透明効果の無効化の手順は下記の通りです。

①スタートメニューを開き、「設定」をクリックします

②設定画面より、「パーソナル設定」>「色」>「スタート、タスクバー、アクションセンターを半透明にする」の項目を「オフ」にします

 

Windows10の高速化で変更すべきでない設定

①ウイルス対策ソフトの無効化

ウイルス対策ソフトはパソコンの動作を重くする可能性もありますが、セキュリティ対策を無効にすることは、ハッキングされるなどのリスクが非常に大きくなります。
そのため、ウイルス対策ソフトを無効化することは絶対にやってはいけないことになります。

②インデックス機能の制限

Windows10の検索機能を停止するという方法もありますが、Windows10は検索することで、必要な情報に素早くアクセスできるようになっています。
そのため、動作が重いという理由だけで、制限してしまうことはあまりおすすめできません。

③高速スタートアップの無効化

高速スタートアップ機能はWindows8から導入された機能になっています。
この機能は起動するまでを高速化するためのものになっているため、動作が重い現象を解決るする方法とはなりません。
 

サクサク動く情報共有ツール「Stock」とは?

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

パソコンの動作が重くなってしまうと、仕事に影響が出てしまい非常にストレスとなってしまいます。
 
Windows10の設定方法を変更することで、高速化することができますので、是非今回ご紹介させていただいた設定を参考にしていただければと思います。