リモートワークなどの多様な働き方に対応するため、オンライン会議システムの導入を検討されている方もいるのではないでしょうか。
 
今では、営業現場での活用も進んでおり、商談をオンライン会議システムで実施している企業もあります。
 
今回は、企業向けのオンライン会議システムの「ベルフェイス」について、ご紹介させていただきます。
 
営業部門でのオンライン会議システム活用に興味がある方や、業務効率化をお考えの方は是非参考にしてみていただければと思います。

 

ベルフェイスとは?

ベルフェイスとは、企業向けのオンライン会議システムです。
同じようなサービスとして、SkypeやZOOMといったものが挙げられますが、これらとの大きな違いとしては、「企業向け」「音声のやり取りは電話を利用」というのがあります。
ベルフェイスでやり取りをする際には、画面はパソコンで共有、音声は電話でといった形になります。
 

ベルフェイスの特徴

①通話を電話にする事による安定した接続

ベルフェイスの最大の特徴は音声のやり取りや電話を利用することです。
そのため、音声と画面を別の回線を使うことになり、安定した接続が可能となっています。

②カンペが使える「トークスプリクト」

商談相手には見えない形で、トークスクリプトを表示しておくことできます
そのため、事前に話をしたい内容を記載しておいたり、営業成績の良い人のトークスクリプトを表示しておくことが可能です。

③自動でセールスフォースに連携

事前にセールスフォースと連携しておくことで、商談後に自動的に活動履歴が作成されます。
商談時のメモや様子を録画したURLも自動的に連携されるため、効率的な管理が可能です。
 

ベルフェイスの便利な機能

資料や画面の共有

事前に登録しておいた資料を共有したり、実際のパソコンの画面を共有した操作説明をしたりすることもできます。
これらができることで、実際に訪問しているのと変わらないくらいの商談が可能となります。

プロフィールシート

あらかじめプロフィールシートを相手に送っておくことができます。
アイスブレイクとして活用できるだけでなく、より親近感を持ってもらうことに繋がります。

同時編集のメモ帳

一方的にメモ書きをするのではなく、双方向による共同編集が可能になっています。
そのため、その場で記事録を書いたり、個人情報を聞く際に利用することもできます。

ベルフェイスを導入するメリット・デメリット

①メリット

営業活動の効率化が測れる

訪問による移動時間の削減など、営業活動の効率化を測ることができます。
また、離れた場所への営業活動も可能になることから、営業できる範囲が大幅に広がります。

すぐに打ち合わせを始めることができる

例えば、問い合わせがあった後に訪問をするとなると、1週間ほど期間が空いてしまうこともあります。
しかし、ベルフェイスを導入していれば、5分後に打ち合わせをするということも可能になります。

均一化されたクオリティの商談ができる

トークスクリプト機能などを利用することで、営業経験が浅いメンバーでも、一定のクオリティを担保した商談ができるようになります
そのため、多くの商談を経験することができ、成長スピードが早くなります。

②デメリット

機器が揃っていないと使いにくい

ヘッドセットなどの機器が揃っていない場合、電話を片手に操作をすることになります。
そのような状態だと、操作ミスなどが起こりやすくなり、円滑な商談の妨げになります。

初期費用や月額費用のコストが高い

コストがかかるため、既に営業の仕組みが確立されているところや、ベルフェイスの導入により売上の増加が見込めるところが導入することになるかと思います。
一方、興味本位で導入をしてしまうと、コストに見合わない形となりベルフェイスの効果を受けることができなくなってしまいます。
 

ベルフェイスの料金プラン

ベルフェイスを利用するには、初期費用と月額費用が発生します。
どちらも非公開となっており、問い合わせをする必要がありますが、ネット上では、初期費用については月額10〜20万円、月額費用は7万円〜という情報もあるため、それくらいの価格帯を想定しておくのが良さそうです。
 

ベルフェイスを使った商談記録を「Stock」に残そう!

商談の議事録など、Web会議での記録を残すには、情報共有ツール「Stock」を活用するのがおすすめです。
テキスト形式で簡単に情報を残すことができ、タスク管理もできることから、商談後のステップを管理するのにも役立ちます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

営業部門にベルフェイスのようなオンライン会議システムを導入することは非常に有効です。
 
訪問する移動時間を削減できるだけでなく、情報共有も円滑になります。
 
是非今回ご紹介させていただいた内容を参考にしてみていただければと思います。