社内外問わず、日々の業務の中で多くのファイルをやり取りされているかと思います。
 
そんな時にファイル転送サービスを利用することで、「簡単に」「高速で」ファイルのやり取りができるようになります。
 
今回の記事では、ファイル転送サービスを選ぶ際のポイントとおすすめのツールをご紹介させていただきます。
 
メールでの送受信に困っていたり、ダウンロードに費やす時間が多く悩まれている方は、是非参考にしてみていただければと思います。

 

ファイル転送サービスとは?

メールで送信できるファイル容量には制限があるため、大容量のファイルを送受信する際に使われるのが、ファイル転送サービスです。
 
ファイルを送る人はクラウド上にアップロードし、受け取る人がそこからダウンロードするいった形で利用します。
多くの画像ファイルのように大容量でも高速でダウンロードできるため、スムーズな送受信ができるようになっています。

ファイル転送サービスを選ぶ際のポイント

セキュリティがしっかりしているか

例えば、「暗号化されているか」「特定の人のみアクセスできるか」などが挙げられます。
ダウンロードのためのURLが漏洩した場合に、不特定多数の人がアクセスできる状態になってしまうことも考えられるため、確認しておくことが大事です。

送受信の操作が簡単か

特にファイルを受け取る人が簡単にダウンロードできるかは重要です。
操作が難しいと、余計なやり取りが多くなり、スムーズな共有を妨げることになってしまいます。

容量の制限があるか

ファイル転送サービスによっては容量の制限があるものもあります。
よく送るファイルの容量を確認し、それに対応できているどうか事前に確認しておくのが良いでしょう。
 

関連情報と一緒にファイル転送するなら、情報共有ツール「Stock」

情報共有ツール「Stock」は、単にファイルを共有するだけのサービスではありません。
ノート形式で「ファイル」と「関連する情報」をテキストで簡単に残すことができます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

おすすめファイル転送サービス9選

GigaFile(ギガファイル)便

GigaFile(ギガファイル)便は、無料かつユーザー登録で大容量のファイルを転送できるサービスです。

<GigaFile(ギガファイル)便のポイント>

  1. 容量200GBまで対応
    他サービスよりも圧倒的に大容量のファイルを転送することができます
  2. ユーザー登録不要
    ユーザー登録不要で使えるため、アップロードして専用URLを発行するだけで転送が可能です

<GigaFile(ギガファイル)便を使う上で気をつけたい点>

  1. 広告が多い
    アップロード画面やダウンロード画面に広告が多く、実際に操作するボタンなどが分かりにくいです
 

データ便

データ便は、通常の転送方法の他、セキュリティが充実した「セキュリティ便」の利用もできるファイル転送サービスです。

<データ便のポイント>

  1. 高セキュリティな状態で転送できる
    ファイルを受け取るときに、送信者の確認がないと受け取れない仕組みで転送することもできます

<データ便を使う上で気をつけたい点>

  1. 会員登録しない場合は500MBまでしか送れない
    会員登録をしない場合は、500MBまでしか転送することができません
 

BitSend

BitSendは、会員登録不要で容量無制限でファイル転送できるサービスです。

<BitSendのポイント>

  1. 容量無制限
    会員登録不要でも容量無制限でファイル転送することができます
  2. アップロードファイル数も無制限
    同時にアップロードできるファイル数も無制限です

<BitSendを使う上で気をつけたい点>

  1. 日本語のファイル名は文字化けする可能性がある
    特にInternetExplorerを利用している場合、日本語のファイル名は文字化けすることがあります
 

Filemail

Filemailは、ダウンロード用のURLを送るだけでなく、メールとして大容量のファイルを転送できるサービスです。

<Filemailのポイント>

  1. 無料でも30GBのファイル転送が可能
    会員登録は必要ですが、無料で30GBまでのファイルを転送できます
  2. メール形式での転送が可能
    ダウンロードURLを発行する以外に、メール形式でファイルの転送ができます

<Filemailを使う上で気をつけたい点>

  1. 日本語化されていない箇所がある
    海外サイトで一部日本語化されていますが、英語のままの部分もあるため、操作に迷うことがあるかもしれません
 

GigaCC

GigaCCは、企業間のセキュアなファイル共有サービスです。

<GigaCCのポイント>

  1. 6年連続実績No.1
    企業間のファイル転送・共有サービスで実績No.1です
  2. 充実した管理者機能
    ログ管理や利用制限などを細かく設定することができます

<GigaCCを使う上で気をつけたい点>

  1. 初期費用がかかる
    どのようなプランでも初期費用が5万円以上かかるため、大企業での導入がメインとなっています
 

ラクスルBOX

ラクスルBOXは、ネット印刷サービスのラクスルが提供している、最大2GBまで転送可能な無料のファイル共有サービスです。

<ラクスルBOXのポイント>

  1. 転送可能ファイル数は無制限
    2GBの容量制限がありますが、その範囲内であればファイル数に制限はありません

<ラクスルBOXを使う上で気をつけたい点>

  1. ラクスルへの会員登録が必要
    転送サービスを利用するだけでも、ネット印刷サービスのラクスルに会員登録が必要になります
 

Smooth File

Smooth Fileは、ユーザー数無制限で、大容量データの転送を安全かつ簡単にできる企業向けのサービスです。

<Smooth Fileのポイント>

  1. ユーザー数無制限
    ユーザー数を気にすることなく利用できるため、どのような会社の規模でも安心して利用することができます
  2. 4ヶ国語対応
    日本語、英語、中国語、韓国語に対応しており、外国企業との共有にも役立ちます

<Smooth Fileを使う上で気をつけたい点>

  1. 利用料金が高い
    5GBプランから利用できますが、初期費用54,000円+月額費用27.000円と、利用料金が高額です
 

tenpu

tenpuは、背景に好きなビジュアルを入れてファイルを送ることができるファイル転送サービスです。

<tenpuのポイント>

  1. 背景に好きなビジュアルを挿入できる
    単にファイルを転送するだけでなく、自分らしさを相手に伝えることができます
  2. 有料プランにすれば独自ドメイン設定なども可能
    有料プランにすることで自社向けのカスタマイズをすることができます

<tenpuを使う上で気をつけたい点>

  1. 無料プランはあくまでファイル転送がメイン
    tenpuの特徴を使いこなす場合には、有料プランにする必要があります
 

活文 Accelerated File Transfer

活文 Accelerated File Transferは、日立ソリューションズが提供する、海外との大容量高速転送が可能なファイル転送・データ送受信サービスです。

<活文 Accelerated File Transferのポイント>

  1. 世界50ヶ国以上での導入実績
    多言語対応されており、日本から海外への転送はもちろんのこと、世界での導入実績も豊富です
  2. 大容量データでも海外に高速転送可能
    数十GBのファイルを海外に送る場合でも、高速転送が可能です

<活文 Accelerated File Transferを使う上で気をつけたい点>

  1. 利用料金が高額
    海外に拠点があるような企業がメインとなるため、利用料金が高額で、詳細な金額は問い合わせをする必要があります
 

まとめ

ファイル転送サービスをうまく活用することで、ファイルの送受信に関するストレスを減らすことができます。
 
一方で機密ファイルなどの送受信には慎重にならなければならず、しっかりとセキュリティ体制の整ったサービスを利用することが大事です。
 
無料で使える怪しい海外サイトのようなものを利用せず、今回ご紹介させていただいたサービスのように安心できるものを選んでいただければと思います。