新型コロナウイルスの影響で続々とリモートワークに切り替えている企業が出てきています。
 
働き方改革の一つとして、リモートワークという働き方がありましたが、ここまで多くの方が急に切り替えると、多少なりとも混乱はあったのではないでしょうか。
 
そんな中、情報共有ツール「Stock(ストック)」が「新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク実態調査」の調査結果を発表しましたので、今回の記事では、その調査結果についてご紹介させていただきます。
 
なお、調査結果の詳細は下記URLからご覧いただけます。また、第2回調査結果の発表は、2020年4月中旬を予定されています。

 

調査概要

「新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク実態調査」は下記の概要で実施されました。
  1. 調査エリア:全国
  2. 調査実施期間:2020年4月1日(水)~4月2日(木)
  3. 調査対象者:20歳以上の男女で、リモートワークを導入している会社員
  4. サンプル数:201サンプル(男性102名、女性99名)
  5. 調査方法:インターネット調査

調査結果

8割の企業がリモートワークを初めて導入

下記の図で示されている通り、現在リモートワークを実施している企業のうち、約8割の企業は、新型コロナウイルス問題発生後にリモートワークを初めて導入したことが分かります(2020年4月2日現在)。
 
急な感染拡大の中で、急遽リモートワークを導入した企業が多かったのではないでしょうか。
 
また、リモートワークを実施している企業のうち、44.5%の人は週3日以上という高頻度でリモートワークを活用していることが分かります。

リモートワーク導入の「満足度」は高い

リモートワークでの働き方に「非常に満足している」「満足している」と回答した人の割合は約40%で、「不満である」「非常に不満である」と回答した人の3倍以上でした。
 
急遽導入されたリモートワークですが、意外と満足度が高いということが分かり、予想されていた混乱は少なかったのではないかと考えられます。
 
しかし、「どちらとも言えない」と回答した人が約半数いるため、今後リモートワーク環境が続く中で、評価が変わってくる可能性もあります。

無駄な「飲み会」が減って喜んでいる人は約7割

約70%の人が、リモートワークにより、飲み会等の無駄なコミュニケーションから解放されたと回答しています。

「人間関係のつまらないしがらみや仕事終わりのお酒の付き合いが減り健康的な社会生活が送れるようになって、個人的にはリモートワークが会社で実施されて良かったです。」(40代男性)

という声も挙がっているため、社内外での気の使うコミュニケーションや、嫌々参加する飲み会が減っていることも、リモートワークの満足度を上げている要因とも言えそうです。

約80%の人が「通勤」のストレスから解放されている

通勤のストレスから解放されたと回答した人が約80%もいました。
 
日本特有の満員電車に毎日乗らなくてよくなったことが、リモートワークの1番の効果と考えている人も多そうです。

「通勤のストレスがいかに精神衛生上、悪影響であるかよくわかりました。また、毎日往復2時間が浮いているので、家事や趣味・勉強に費やせる時間が増え、毎日が非常に充実しています。」(20代女性)

というコメントにもあるように、今まで通勤時間に費やしていた時間を自分のために使っている人が多いのではないでしょうか。

リモートワークにより、プライベートの時間を確保しやすくなっている

約64%の人が、リモートワークにより、プライベートの時間を確保しやすくなったと回答しています。
 
上述のように通勤時間が無くなったことによるプライベートの時間の確保に加え、勤務時間内外でのコミュニケーションの減少も一つの要因かもしれません。

「プライベートの時間と職務時間がきっちりと分別されたので、私みたいな家庭持ちからすると家族と一緒に夕飯を食べながらコミュニケーションを取れるので非常に良かったです。今のところプライベートの時間が思うように確保出来て満足しています。」(40代男性)

というコメントがあるように、家族の時間が増えた方も多いのではないでしょうか。

リモートワークに欠かせない情報共有ツール「Stock」とは?

リモートワーク中は、慣れていないとどうしても認識齟齬が生まれやすくなってしまいます。
そのような時に、「Stock」を使って、オンライン会議の議事録や依頼内容を管理しておくことで、すぐに必要な情報にアクセスできるようになり、情報共有が円滑になります。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

今回の調査結果から、多くの方がリモートワークを好意的に受け止めていることが分かりました。
 
まだまだ始まったばかりのため、これから思わぬ落とし穴があるかもしれません。
 
しかし、リモートワークにクラウドツール導入することで、さらに環境をよくすることができるため、是非「Stock」の導入検討もしてみていただければと思います。