タスク管理ツールを使っている方は多いと思いますが、タスク管理ツールと言っても「個人向け」に作られたものと、「チーム向け」に作られたものがあります。
 
例えば、「個人向け」のタスク管理ツールを、複数人が参加するプロジェクトで使うなど、選び方を間違えてしまうと効果を発揮することはできません。
 
そこで今回の記事では、「個人向け」「チーム向け」のタスク管理の違いや、それぞれのオススメのツールをご紹介させていただきます。
 
どんな時に、どんなツールを使えばいいか迷われている方は、是非参考にしてみていただければと思います。

 

「個人向け」「チーム向け」それぞれのタスク管理ツールの違い

個人向けのタスク管理ツール

タスクを一覧化して管理するツールが多くなっています。
「銀行へ行く」「佐藤さんに電話をする」など、タスクの項目を一覧形式で管理をし、完了したタスクを消していくことがメインの使い方となります。

チーム向けのタスク管理ツール

チーム向けのタスク管理ツールでは、各タスクを「共有」することが基本となります。
メンバーそれぞれのタスクを共有することで、プロジェクトなどの進捗管理や、全体像の把握がしやすくなります。
また、チームで共有する上での、「チャット機能」や「ドキュメント管理機能」が付いているツールが多くなっています。

「個人向け」「チーム向け」どちらのタスク管理ツールを選ぶべきか

プライベートのタスクなど、個人で完結するようなタスク管理には、仕事で使うとしても「個人向け」を選ぶのがいいかと思います。
 
しかし、チーム内でのタスク管理や、自分のタスクを他の人に共有する場合には「チーム向け」を使う必要があります。
「個人向け」のタスク管理ツールは無料で使えるものも多いため、ついチームで使う場合もそちらを選んでしまいがちですが、チームのタスク管理を目的に作られたツールではないため、「共有」が非常にしにくくなります。
一方、「チーム向け」のタスク管理ツールを使うと、コミュニケーションの面でもスムーズにタスクの共有を行うことが可能になります。

「チーム向け」のタスク管理ツールのおすすめは?

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

https://www.stock-app.info/

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>


https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用できます。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。

まとめ

様々なタスク管理ツールがある中で、どのようなツールを選ぶかは非常に大事になります。
 
間違ったものを使ってしまうと、スムーズな業務を妨げることになり、非効率になってしまいます。
 
是非、どのような目的でツールを使うのかを明確にした上で、選定をしていただければと思います。